リクルート住まいカンパニーは、「渋谷駅まで電車で30分以内・家賃相場が安い駅ランキング 2018年版」を発表した。ワンルーム・1K・1DKの物件を対象に調べたところ、トップ3は川崎市内の駅が占めた。

 

1位は同率で小田急線の向ヶ丘遊園駅と登戸駅だった。向ヶ丘遊園駅は、急行や通勤急行の停車駅で渋谷と同じく繁華街で新宿へも乗り換えなしと交通利便性が高い街。ファミリー向け戸建てが目立つ閑静な住宅地だが、専修大学(生田キャンパス)の最寄駅で学生や単身者向けの物件も少なくない。登戸駅は向ヶ丘遊園駅の隣駅。快速急行も停車し JR南武線も利用できる。登戸駅と向ヶ丘遊園駅間は土地区画整理事業が進行中。3位も同率で久地駅と和泉多摩川駅が入り、5位に京王多摩川駅となった。

 

渋谷駅構内の改良工事では、JR山手線のホームから400m弱離れて乗り換えに時間がかかっていたJR埼京線と湘南新宿ラインがJR山手線ホームの隣に移る予定。渋谷まで直通で乗り換えなしで利用できるJR埼京線は 7位の戸田公園駅と9位の戸田駅がトップ10にランクインした。

 

公開日: 2018年10月2日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る