長谷工アーベストは9月18日、首都圏居住のモニターを対象に「住みたい街(駅)ランキング」の調査結果を首都圏総合・都県別に集計した。有効回答数2996件。首都圏総合ランキングでは、「吉祥寺」が調査開始以来14回連続の1位となった。2位が「横浜」、3位が「恵比寿」。昨年比でランクアップした街(駅)は、「池袋」が10位から4位に、「二子玉川」が17位から7位に付けた。大幅に上昇したのは、「赤羽」で昨年の19位から11位とトップ10入り目前となった。

 

ランクアップした街の理由としては、複数路線が利用可能、都心直通、快速急行停車駅・始発駅など交通アクセスに加えて、再開発の進行や商業施設の開業などがある。

 

回答者からは「都心に出やすい」「駅前で何でも揃う」「開発が進んで新しい街になっている」という反応が多いほか、最近は「都心に近い割に物価が安い」といった声も聞かれたとする。コストバランスが街選びの要素として重要性が増している。

 

都県別の1位は、東京23区が「恵比寿」、東京市部が「吉祥寺」、神奈川が「横浜」、埼玉が「浦和」、千葉が「津田沼」となった。

 

公開日: 2018年9月19日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る