楽天ライフルステイは9月14日、民泊・簡易宿所向けブランディング・運用代行サービス「Rakuten STAY」で初めてのコンドミニアム型特区民泊施設「Rakuten STAY×ShaMaison 大阪出来島駅前」の宿泊を開始する。予約は10日から始めた。宿泊料金は1室1泊7840円から。部屋のタイプや時期、宿泊予約サイトなどで料金は変動する。大阪市の特区民泊制度を利用して最低宿泊日数は2泊3日からとなる。

 

物件オーナーはLea home(大阪市北区)。建物規模は重量鉄骨造4階建て延べ1655㎡。29室の客室を備えたコンドミニアム型特区民泊施設となる。阪神なんば線出来島駅より徒歩約1分。デザイン・クリエイティブディレクションは設計・施工の積水ハウスほか、グリフォン、ADDReCが担当した。

 

楽天ライフルステイが内装デザインを監修し、ブランディング・運用代行を提供する。施設内のデザインコンセプトは「桜」、「清風明月」、「雪月風花」と和モダンを意識して統一した。すべての部屋にリビング・キッチンを備えており、寝室、浴室、トイレ、インターネット環境なども用意した。セキュリティーでは、楽天グループの民泊運営支援サービス「あんしんステイIoT」を導入してタブレットやスマートロックといったIoT端末でチェックイン時の本人確認や鍵の管理、宿泊者をサポートする。

 

公開日: 2018年9月10日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る