SBIエステートファイナンス(東京都新宿区、高橋和彦社長)は9月3日、不動産業者を対象とした「買取再販ローン」の取り扱いを始めた。同ローンは不動産業者向け仕入資金用の融資商品。国が推進する空き家問題解消や中古住宅流通の活性化の政策に基づき不動産業者が中古住宅を購入し、リフォーム工事を施したうえで販売するための中古住宅購入資金とリフォーム工事資金を融資する。

 

対象となる不動産事業者は、住宅関連事業として1年以上の法人業歴を持ち、宅地建物取引業免許を有していることが必要。申し込みでは所定の審査を行い、その結果利用できないこともある。

 

同社によると、9月3日時点でプラスやオリックス・クレジット、全宅ファイナンス、日本モーゲージの主要4社の買い取り再販ローン商品によりも低い業界最低水準金利を実現しているという。

 

公開日: 2018年9月4日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(9:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る