住宅金融支援機構が今月発表した「2017年度民間住宅ローン借換の実態調査」によると、金利タイプは「変動型」と「固定期間選択型」が増加し、「全期間固定型」が減少した。今年3月末までに住宅ローンの借り替えをした人を対象に金利タイプの変化などをアンケートで調べた。

 

変動型は42.0%と借り換え前から5.8%増加した。固定期間選択型は同2.4%増えて46.3%となった。全期間固定型は11.6%となり借り換え前から8.3%減った。

 

借り換えによる金融機関の選択では、「都銀・信託から都銀・信託」が21.6%となり、「その他銀行(ネット銀行含む)からその他銀行(同)」が20.3%と両方で全体の4割を占めた。

 

借り換えまでの経過年数を見ると、「5年以下」が5割以上を占めている。変動型では63.2%、固定期間選択型が53.0%だった。

 

公開日: 2018年8月15日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る