不動産サービスのJLLとラサール インベストメント マネジメントは7月25日、不動産マーケットの透明度調査の結果を発表した。2年に一度実施しているもので、「2018年版グローバル不動産透明度インデックス」としてまとめたところ、日本が総合ランキングで前回の19位から14位に順位を上げて透明度「中高」でシンガポール、香港に続く3番手としてトップクラス「高」を視野に入れた。

 

今回、環境対応などを含めた不動産の持続性(サステナビリティ)を調査項目に加えており、建築物の省エネルギー性能表示制度などに対する積極的な取り組みが評価され、日本の総合ランキングの押し上げにつながった。

 

ただ、前回までの調査項目で判断すると日本は総合ランキングを下げる。インデックス別にランキングを見ると、サステナビリティ(3位)はアジア太平洋で透明度が最も高く、パフォーマンス(5位)も高い評価を受けているものの、土地・建物の売却価格の情報開示が欠如し、取引プロセス(35位)と市場ファンダメンタルズ(36位)の評価が低い。

 

1位は英国、2位が豪州、3位が米国となった。透明度「高」は11位のフィンランドまで。前回の10カ国から増えた。次に透明度が高い「中高」の市場も、前回20カ国から1カ国増加した。

 

公開日: 2018年7月27日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る