楽天LIFULL STAY(東京都千代田区)は7月18日、宿坊予約サイト「テラハク」を運営する和空(大阪市北区)と宿坊の宿泊販売・運用代行で業務提携した。和空では、お寺に泊まる体験を一般に身近にする事業としてテラハクを展開。宿坊施設を宿泊先として改修・整備して運用する。宿坊は僧侶や神職、参拝者のための宿泊施設で、訪日客のコト需要に応える商品として寺院の活用が広がっているほか日本人の需要も強い。和空は年内300カ所、3年後には1000カ所での展開を目指す。

 

同提携によって、滋賀県の三井寺(園城寺)の境内にある僧坊「妙厳院」を改修・整備して「和空 三井寺」の宿泊予約を8月1日から受け付ける。敷地807㎡に3LDKと仏間の間取りで最大8人が利用できる。楽天グループの民泊運営支援サービス「あんしんIoT」も導入し、タブレット端末でチェックイン時の本人確認や鍵の管理、宿泊者のサポートに対応する。

 

楽天ライフルの太田宗克社長は、「販売機会の広がる」として和空との提携による相乗効果に期待する。和空の田代忍社長は、「民泊を利用しての宿坊ニーズは高い。インバウンドにとどまらず、国内需要もある。現状の需要はインバウンドが7割を占めて3割が国内需要だ」といい、テラハクという言葉が世界に広がっていることを実感している。

 

公開日: 2018年7月19日

 

出典:週刊住宅タイムズ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る