首都圏で毎年、増え続ける分譲マンション。しかし、その資産価値を長く保つことができるものは限られるのではないでしょうか。不動産の価格は、利用価値で決まるといわれます。

 

その不動産を利用する人間の数が減っていく近未来、利用価値は低くなるため、価格は下がっていきます。住宅ジャーナリスト、榊淳司氏は近著『2025年 東京不動産大暴落』でこう警鐘を鳴らしました。

 

各メディアで健筆をふるう榊氏は辛口で知られますが、そんな榊氏にも資産性や流動性からその価値に脱帽したマンションがあります。この連載では、マンションの具体名を挙げて、なぜ優れているのかを紹介していきます。

 

資産価値の高い優良マンション,港区,麻布台パークハウス

(写真はイメージです)

 

麻布台パークハウス

 

売主・三菱地所 東京メトロ南北線 「麻布十番」駅 徒歩6分
全165戸 2010年12月完成

 

アメリカンクラブとともに

 

日本人は、いわゆる紳士の「会員制社交クラブ」というものになじみがありません。しかし、イギリスの小説を読んでいると中流以上の階級の男はたいていどこかのクラブに所属しています。どこのクラブに入っているかで、その人のステイタスとライフスタイルが分かるらしいです。

 

日本では「東京倶楽部」や「交詢社」というのがあるようですがあまり一般人に知られていません。港区東京都港区麻布台には「東京アメリカンクラブ」というのがあります。

 

このアメリカンクラブというのは、ウィキペディアによると

 

「1928年に在日アメリカ人と日本人のための会員制社交クラブとして設立された。1941年12月に大東亜戦争(太平洋戦争)が勃発し、日本とアメリカの間で開戦したことにより一時的に閉鎖されるものの、終戦後まもなく再開される。現在、アメリカ人と日本人を中心に52カ国に及ぶ約5000名のメンバーと約1万2000名の家族会員が所属している。なお、会員になるためには現会員2名の推薦を受けた上、審議会による英語による面接を受ける必要がある」

 

というものだそうです。この麻布台の場所は、もともと1957年に清算終了した南満州鉄道の東京本社があった場所だそうです。日本の栄光の歴史の一翼を担った満鉄の跡地がなぜアメリカ人の社交場になっているのか、少しばかりわだかまりを感じますが…。まあ、本題には関係ありません。そのアメリカンクラブの敷地の一画が、このマンションになったわけです。

 

アメリカンクラブ側が施設を新しく更新するために敷地の一部をマンションに提供したのでしょうね。そして、2010年の暮れに新しいアメリカンクラブの建物も完成しました。

 

東京アメリカンクラブと麻布台パークハウス…。両社はまるで敷地を共有しあっているかのような関係にあります。それもそのはずで、これはアメリカンクラブから敷地を借りた定期借地権付の分譲。あと40年ちょっと経ったら、マンションを壊して更地としてアメリカ人に返還することがあらかじめ定められています。

 

立地と治安は完璧

 

そして、このマンションの敷地はロシア大使館のほぼ裏側にあります。常に警官が配置されているので、治安も心配なさそうです。また、斜め前にはアフガニスタン大使館です。さらに、東京タワーを望む小高い丘の立地と、文句なしといえるでしょう。

 

新築販売時のマンションのオフィシャルページを見ると、盛んにアメリカンクラブとの関係をうたっていました。ただし、ここに住んだからといって、無条件に東京アメリカンクラブへの入会が認められるわけではありません。アメリカ人たちと楽しく過ごす資格を得るためには、「会員になるためには現会員2名の推薦を受けた上、審議会による英語による面接を受ける」という条件をクリアする必要があります。だから、本当に隣にあるだけ。廊下ではつながっているようですが。

 

定期借地権ということは、基本的に土地は付いていません。しかも、40年後には価値がゼロになります。その割には新築販売時の坪単価は軽く400万円を超えていました。だから、販売は非常に苦しんでいて、一度は中断したほどでした。

 

現在は坪単価400万円台の後半から500万円を超えた水準で相場観を形成しています。残存期間が減っていくばかりですから、いつかは大きく相場観を下げる可能性もお含みおきください。

 

 

榊淳司(住宅ジャーナリスト)
1962年生まれ、京都府出身。同志社大法学部および慶応大文学部卒。不動産の広告・販売戦略立案の現場に20年以上携わる。一般の人々に分かりにくい業界内の情報や、マンション分譲事業の仕組み、現場担当者の心理構造などをブログ上で解説。近著に『2025年東京不動産大暴落』(イースト新書)、『マンション格差』(講談社現代新書)など。

 

 

▼他にもあります、港区の優良マンション

≫ ザ・パークハウス愛宕虎ノ門

≫ ベイクレストタワー

≫ シティタワー品川

≫ パークコート六本木ヒルトップ

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る