年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

三浦半島への旅 まぐろ丼と海軍カレー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年12月3日
公開日:2021年12月2日

仲介手数料最大無料・最低でも割引】不動産流通システムREDS

「リアル正直不動産」を目指している宅建士の菊池弘之です。

【正直不動産9巻で弊社REDSが紹介されています】

 

こんにちは。

秋は絶好の行楽日和ということで、京急が発行している「三崎まぐろきっぷを利用して三浦半島まで行ってみました。

約3,500円で、三浦半島までの電車代往復代・バス代・食事券・レジャー券がついており、とってもお得な券です。

 

まずは電車で京急線の終点である「三崎口」まで行き、そこからバスで城ケ崎を目指します。

 

三崎口からバスで約30分、城ケ崎に到着です。

 

バスの停留所から少し歩き、土産物屋や飲食店が並ぶ小さな商店街を抜けると、城ケ島灯台が見えました。

 

 

1870年に初点灯を迎えた歴史ある灯台で、小さいながらも歴史と風格を感じました。今は2代目だそうです。

 

お昼に食べたマグロ丼。これも三崎まぐろきっぷに含まれています。

 

この灯台から徒歩でのハイキングルートがあり、海沿いを歩いて城ケ島を一周します。

 

 

観光名所の「ウミウ展望台」です。崖の上にこのように草が生えている景色はあまり見たことが無かったです。

ウミウとは、海鵜と書き、ウ科に属します。飛んでる姿はあまり見られませんでした。

 

その後油壺まで移動し、温泉を楽しみました。

下の写真は油壺湾です。左の方に船が停まっておりますが、波が穏やかなため台風の時は船の避難所として使われているようです。

 

荒井浜海水浴場からの夕日。晴れていたので遠くに富士山が見えました。

 

お腹がすいたので、夜は横須賀に移動です。

 

横須賀中央駅の駅前

 

米軍基地近くのどぶ板通りを歩くと、異国情緒を感じられました。

 

夜は横須賀海軍カレーをいただきました。

日本のカレーは横須賀が発祥だそうです。家庭的な味で美味しかったです。

 

初めて三浦半島に行きましたが、とても楽しめました。

首都圏から近く、日帰りで行けるのも良いですね。

また行ってみたいと思いました。

 

おわり

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る