年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
津司 徳義つし のりよし

不動産『今が売り時』と『今は売り時』の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年4月14日
公開日:2021年4月13日

仲介手数料最大無料】の不動産流通システムREDS マンション管理士・宅建士・2級FPの津司徳義(つしのりよし)です。

今回は不動産、『売り時』と『売り時』の違いについてです。

不動産売却では時期を決めるという事も悩ましい問題ですよね。

そんな時不動産屋さんに意見を聞いてみようと考える方も多いと思います。

 

 

営業担当に聞く『今は売り時ですかね?』の質問は誠実な会社担当者を見分けるために大いに役立つかもしれません。

 

一般的には、営業担当が最も力を入れる業務は『売却物件を預かる』ことと言って良いと思います。

 

そのため、上記のような相談をした場合『不動産は売り時です。』と答える担当者がほとんどです。

本当にそう考えているのかもしれませんが、売却物件としてを早くお客様からお部屋を預かりたいというのが本音ではないでしょうか。

このような回答の場合はその担当者に売却依頼をして良いのかを、より慎重に見極める必要があると思います。

 

私は今まで多くの物件の相談を受けてきましたが、この10年間くらい『売り時』ですがまだまだ高く売れるようになるかもしれませんよと常に言ってきました。

結果論ですが、間違っていなかったと思っています。

 

『不動産は売り時』と誘導するような会社、担当者には注意が必要と私は考えます。

弊社REDSは『リアル正直不動産』を自認する会社です。

各エージェントが常にお客様の利益に寄り添ったご提案をさせて頂いております。

正直不動産というマンガ(9巻)でREDSが取り上げられています。】

 

加えて【仲介手数料最大無料】というちょっとしたオマケもつきます!

 

正しい方法、より良いアプローチで不動産売却を進めることは重要です!

今回のブログが不動産ご売却をお考えのお客様のお役にたてれば幸いです。

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る