年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
津司 徳義つし のりよし

REDS不動産流通システムのデメリット!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年4月17日
公開日:2021年4月6日

仲介手数料最大無料】の不動産流通システムREDS マンション管理士・宅建士・2級FPの津司徳義(つしのりよし)です。

今回は思い切って【弊社RDSEのデメリット!】についてです。

私の主観ですので、会社から怒られるかもしれませんが、弊社としてのデメリットについての周知は必須だと思います。

ぜひご注目ください!

 

 

以下私の感じるREDSのデメリットです。

 

社用車が無い為、原則お客様の送迎をしていない。現地集合、現地解散が基本。

→やはり暑い夏、寒い冬などは送り迎えしてほしいですよね。

すべての営業所が質素。(東京、渋谷、池袋、横浜)

→数千万円以上の契約ですから、豪華な応接室でするほうがよいですよね。

契約書等を収納するファイルも質素

→他社のファイルはとても豪華でいつも申し訳なく感じます。

お客様の背中を押す営業をしない。

→基本良い事なんでしょうが、ケースバイケースでお客様にとっては必要な場面もあるかもしれないと思っています。

営業担当が多忙

→急な内見希望に対応できないことが多い。営業チーム内で最大限協力し、出来るだけご希望に添えるよう取り組んでいますが。すべてのご要望にお応えできない事も正直あります。

不動産のプロ集団であるが、地域に関する知識では地元密着業者に劣る。

→一都三県をカバーしているため、担当営業の得意エリア外では正直地元密着業者には負けることもあると思います。反面幅広いエリアをカバーする広域的な相場観から適切なご助言を出来るというメリットもあります。

 ※手数料負担の軽減とのバランスでご判断をいただければ幸いです。

 

以上が私が思いつく弊社REDSのデメリットです。

しかしながら、仲介手数料割引、無料にするためにはどうしても犠牲にしなければいけないところかとも思います。

上記デメリットの改善も常に意識し、お客様の為の不動産会社である事をREDSは常に目指しています!

今後もリアル正直不動産を目指して行きます!

正直不動産第9巻で弊社が取り上げられています

 

正しい方法、より良いアプローチで不動産購入を進めることで「より良いお住まい探し」の可能性は必ず高まるはずと私はいつも考えています!

 

今回のブログが不動産ご購入をお考えのお客様のお役にたてれば幸いです。

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る