【仲介手数料最大無料】の不動産流通システムREDS マンション管理士・宅建士・2級FPの津司徳義(つしのりよし)です。

 

2020年3月15日現在の不動産売買の現場におけるコロナウィルスの影響についての状況を述べさせていただきます。

 

 

あくまでも私をとりまく現況という事で参考にしていただければ幸いです。

 

 

具体例として私個人のデータを参考資料としてお伝えさせていただきます。(普段は絶対に未公開ですが・・・、また不動産業界を見通すにはあまりにも少ないサンプルですが・・・)

 

3月15日現在、3月の契約成立は1件で購入のお申込みをいただいた件数は3件です。

 

さらに内覧予定の物件が内覧予約後に契約予定になってしまい内覧できなくなった物件が4件です。

 

しかも、お申込みをいただいた3件は既に1番手でお申込みをしているお客様がいて契約が出来ないという状況です。

 

 

お申込みをいただいたお客様には大変に申し訳ない思いです。

 

 

ゴリゴリの営業をしない私のデメリットかもしれないです。

 

 

3月というのは元々1年で最も動きのある月ですが、現状今年も活況を呈しているというのが私の実感です。

 

私個人おデータであり、少なすぎるサンプルですがREDS全体でも同じことが言えるようです。

 

いかがでしょうか。

 

今回お伝えしたかったことは「現時点では実務レベルでは通常通りの市況である」というという事です。

 

さまざまな情報が飛び交う中で「実務の最前線に立つものとしての現況報告」という趣旨で今回のブログを掲載させていただきました。

 

今回のブログがみなさまのお住まい探しのプラスになれば幸いです。

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る