【仲介手数料最大無料】不動産流通システムREDS2級FP・宅建士の津司徳義(つしのりよし)です。

 

変動金利と固定金利どちらを選ぼうか迷っているお客様に参考になればと思い今回のブログを掲載させたいただきます。

 

誤解を恐れずに申し上げますと、住宅ローンの35年の長期に渡る金利の変動予測を正確に出来る人などいないというのが私の考えです。

もし出来る人がいると仮定すれその人は債券投資で億万長者になれる人です。

 

 

私は債投資に詳しくないですが、ノーベル経済学賞を受賞した経済学者が創業したヘッジファンドのほとんど潰れているという記事を数年前に読んだことがあります。

 

金利を読む難しさなのだと思います。

 

では変動金利、固定金利の選択の際の判断基準は何か?

 

それは個人の性格ではないかと思います。

「金利上昇局面では、給料も上がるから返済に困らないよね」

「金利が上がれば、固定に変えればいいよね」

「みんな変動なんだから大丈夫でしょ」

「住宅ローンの金利なんてそんなに簡単にあげられないよね」

どれも正しいです。

このように感じられるのであれば→変動金利を選択するべきではないでしょうか。

 

上記に疑問や不安を感じる場合は固定金利の安心を選択するのが良いと思います。

金利差は安心感を感じる保険料という事でしょうか。

 

今回は固定・変動についてお悩みを持つご慎重なお客様に対してのブログ記事です。

 

今回のブログでただ一つ言える確かな事は

「変動の方がいいですよ!みなさん変動金利を選択してますから!」

というような営業マンは避けるべきという事です。

上記のような無責任な発言はお客様の将来を軽くしか考えていない証拠になります。

色々な不都合が生じるお住まい探しになってします可能性が高くなると思います。

 

 

正しい方法、より良いアプローチで不動産購入を進めることで「より良いお住まい探し」の可能性は必ず高まるはずと私はいつも考えています!

 

今回のブログがみなさまのお住まい探しのプラスになれば幸いです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る