年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
津司 徳義つし のりよし

両手仲介の本質に気づきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2020年2月28日
公開日:2019年9月15日

【仲介手数料最大無料・エージェント制導入】の不動産流通システムREDSマンション管理士・2級FP津司徳義(つしのりよし)です。

今回のブログがみなさまの正しい不動産業社選びの参考になれば幸いです。

 

タイトルの両手仲介とはまだまだ皆様にはなじみのない不動産業界用語ですので、その意味からご説明させていただきます。

 

両手仲介とは売主様からも手数料をいただき、さらに買主様からも手数料をいただく日本の不動産業界における悪しき慣習です。

 

残念ながら現状この取引形態が当たり前のように行われています。(諸外国では禁止です、その理由は過去ブログに記載させていただいております)

 

具体的には買主様がA社の物件をA社にお問い合わせをして購入することです。

 

そして大多数の不動産業者は社内で両手取引を推奨しています。

 

2倍の手数料収入になるからです。

 

国土交通省は不動産取引の仲介手数料の上限を定めています。

 

売買価格×3%+6万円+消費税

 

当然のようにこの上限を超える請求はありません。

 

ですが・・・

 

買主様が払う手数料は誰が負担しているのでしょうか?

 

売主様は手数料の支払いを見込んで売却価格を設定します。

 

例えば

手元に3000万円残したいと考えた時に手数料支払いを考慮し価格を決定しますよね!

 

そうであるならば

 

手元残金の3000万円の為に足りない部分は買主様に負担をしていただくという構造になります。

 

つまり買主様は見かけは法定上限率以内の手数料を支払っていますが、実質は法定手数料の2倍の手数料を負担していることになるのではないでしょうか。

 

上記は非常に大きな問題と考察いたします。

 

REDSは手数料を最大無料、もしくは割引で資格豊富なプロのサポートをさせていただいております。

 

残念ながら

両手取引を否定し、片手取引を実践しているREDSの取引システムが不動産取引の弊害のすべてを解決できる方法ではないと思います。

 

しかしながら現状の不動産取引に一石を投じる社会的貢献ができているのではないかと考えております。

 

今回のブログが皆様のお住まい探しのプラスにられば幸いです。

 

貴重なお時間をいただき精読していただき誠にありがとうございます。

 

次回ブログもみなさまのお住まい探しのプラスに貢献できるよう熟考して掲載させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る