年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

水谷 岳洋みずたに たかひろ

4.513件

R1住宅とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年7月15日

こんにちは、REDSの水谷です。

 

中古マンションの購入をご検討されているお客様は、リノベーションされたマンションの広告などで「R1住宅」のロゴなどを見たことがあるかもしれませんが、これはいったいなんなのでしょうか?

 

 

R1住宅とは、中古マンションに対して、一般社団法人リノベーション住宅推進協議会が定めた、適合リノベーション住宅の規格基準を満たしたマンションのことになります。

(マンションの丸ごと1棟リノベーションした建物はR3住宅、戸建て住宅はR5住宅)

 

適合リノベーション住宅の規格基準は、『重要インフラ・報告・保証・住宅履歴』の4つの項目から成り立ちます。

 

重要インフラでは、水道・ガス・電気などに関して13個の検査項目を設け、その基準を満たしているか確認します。

 

そして報告は、重要インフラの検査結果やリノベーションを手掛けた会社の詳細などをまとめて『適合状況報告書』として発行します。

また、工事後2年以上の保証や、平面図や仕上げ表などをリノベーション住宅推進協議会のサーバーに保管します。

 

住宅履歴情報があれば、点検やメンテナンスがしやすく、将来売却するときにも役に立ちます。また、万が一の不具合に対してもアフターサービス保証がついてくるので、安心して選べるリノベーション住宅です。

 

重要インフラは、中古物件特有の「目に見えにくい瑕疵」がある可能性が高いので、必ずメンテナンスすることが約束されています。

 

見えるところだけ綺麗にリフォームしただけでなく、見えなくともこれから生活していくうえで重要なインフラに対しても検査して保証をつけていますので、これから物件を探される方にとって、R1住宅はひとつの目安になると思います。

 

不動産に関してのご相談やご質問がございましたら、仲介手数料が『必ず割引』『最大無料』まずはお問合せいただければと思います。

「噓がつけない正直不動産」のREDSエージェントが丁寧にご対応させていただきます。

カテゴリー:

無料セミナー紹介 無料セミナー紹介

「『マンションは管理を買え』に学ぶ高値売却の秘訣」無料オンラインセミナー

宅建士・マンション管理士で、

マンション仲介のスペシャリストである

REDSエージェントの津司 徳義(つし のりよし)が、

物件のオーナー様が安心して売却依頼できるプロを

見抜くための秘訣をお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る