年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

水谷 岳洋みずたに たかひろ

4.513件

不動産購入時にかかる諸費用とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年7月1日

こんにちは、REDSの水谷です。

 

連日、厳しい暑さが続いておりますので、皆さましっかり熱中症対策をして、お気をつけてお過ごしいただければと思います。

 

さて、不動産を購入する際に、物件代金以外に諸費用がかかりますが、今日はどんな諸費用が発生するかご紹介させていただきます。

 

「登記費用」

不動産を購入すると、その不動産の権利関係を公に明らかにするために、登記所にて登記簿に登記をします。

土地、建物の移転登記と、住宅ローンなど融資を利用する場合は抵当権設定登記が必要になります。

また新築物件の場合は、建物の表題登記と保存登記も必要になります。

 

「融資保証料(手数料)」

住宅ローンなど融資を利用する場合は、金融機関に対して保証料(手数料)が発生します。

住宅ローンの場合、借入金額の2.2%が目安となります。(借入5,000万円の場合×2.2%で110万円)

 

「仲介手数料」

仲介する不動産会社の手数料になります。

一般的な不動産会社の場合、物件価格の3%+6万円×消費税(物件価格5,000万円の場合1,716,000円)かかりますが、弊社REDSなら仲介手数料が『必ず割引』『最大無料』になります。

 

金額の大きな諸費用は以上3つですが、その他・売買契約書に貼付する印紙代・固定資産税都市計画税の清算金・マンションの場合は管理費修繕費の清算金等の諸費用も発生します。

 

 

新築か中古か、融資を利用するか現金で購入するか、またその物件価格によって諸費用金額は異なりますが、一般的な不動産会社を利用した場合、平均的な諸費用の合計金額は物件価格の7%~8%が目安となりますので、物件価格が5,000万円ですと諸費用は350万円~400万円くらい用意する必要があるわけですね。

 

しかし弊社REDSなら仲介手数料が『必ず割引』『最大無料』になりますので、他の不動産会社で購入するより諸費用を安くおさえることができ、その分の予算をお引越しや家具電化製品などの購入予算にまわすことができます。

 

不動産購入をご検討のお客様には、購入時に諸費用がいくらかかるのか丁寧にご説明させていただきますので、まずは「嘘がつけない正直不動産」のREDSエージェントにご相談をいただければと思います。

カテゴリー:

(旧)●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを (旧)●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る