年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

渋谷 祐介しぶや ゆうすけ

4.39件

勤続が1年満たない時でも住宅ローンを借りることはできるのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年5月10日

皆様こんにちは。

仲介手数料最大無料【REDS】不動産流通システムの渋谷です。

今回は勤続年数が一年未満の場合、住宅ローンを借りることができる可能性があるのか、お伝えしたいと思います。

【割り戻し年収】というのをご存知でしょうか?
転職して勤続期間1年に満たない時に使う計算方法です。

銀行の審査基準の中に勤続1年以上や2年以上と書いてあることが多いと思いますが、それを満たしていないと住宅ローンの審査を受け付けてもらえないと思っている人も多いと思います。

実はそんな事はなく、勤続期間1年未満でも審査を受け付けてくれる金融機関はございます。

そんな時に使うのが【割り戻し年収】です。
勤続1年満たない場合は、年収がわかりませんので、住宅ローンの審査は、年収を基準に借入できる金額を計算します。
その年収が分からなければ借入できる金額を出せません。

そこで割り戻し年収です。

例えば半年前に就職したとします。
その給与が
4月 25万
5月 29万
6月 30万
7月 31万
8月 29万
賞与 30万
9月 31万

だったとします。
賞与を入れてこの半年の合計収入は205万円です。
これを勤続期間の6け月で割ると34万円です。

この34万円が1ヶ月の給与の平均です。
34万円を12ヶ月分だと408万円です。

これが割り戻し年収です。
まだ、1年分の収入をもらっていなくても上記の計算で
予定年収を出してその年収で住宅ローン審査をします。

転職して数ヶ月で、年収が400万円に満たないと諦めなくても大丈夫です。

※上記の割り戻し年収の計算方法は金融機関の審査によって異なる可能性がございますので、ご容赦ください。

金融機関の住宅ローン審査には割り戻し年収で審査をしてくれる銀行があります。

詳細について、ご質問ございましたら、お気軽に私宛にご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る