年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

住宅ローンは変動金利か?固定金利か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年4月28日

REDS【株式会社 不動産流通システム】 金谷(カネヤ)です。

 

住宅ローンの借りる方法が年々変化をしてきております。

国土交通省の「令和3年度民間住宅ローンの実態に関する調査」(令和4年3月25日公表)によると、令和2年度の新規貸出金額は、前年度比で3.6%の減少となりました。

その内訳としては、新築住宅向けが74.4%、中古住宅向けが19.9%、借り換えが5.8%という内訳です。

 

今回注目したい点は、借入する時の金利タイプの割合です。

最も多いのは、「変動金利型」で70.0%となっており、前年度より6.9ポイントの上昇となっております。

 

 

一方、「全期間固定金利型」は僅か3.0%、「固定金利期間選択型」は16.6%となっており、いずれも前年度よりポイントが減少となっております。

変動金利は、5年間で約20%の上昇となっております。

低金利が続く中、10年程前まではお客様より、固定金利、変動金利のどちらを選んだら良いか?とのご相談が多くございましたが、最近ではほとんど相談を受けることもなく、変動金利を選択されているお客様が大半です。

 

どちらが正しいのか?という答えはございませんが、借りる方の返済計画も含めて検討していく必要がございます。

 

まだまだ、各金融機関の金利優遇についても競争が続いており、様々な金融機関の選択肢も増えております。

 

お客様に適した住宅ローンをご提案させていただきますので、REDS【株式会社 不動産流通システム】金谷(カネヤ)までお気軽にご相談ください。

 

 

 

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る