年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

谷辺 英一郎たにべ えいいちろう

4.54件

不動産のご売却について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年4月18日

不動産を、「買いたい方」と「売りたい方」

それぞれを結びつけるのが、私達 不動産仲介のお仕事です。

「買いたい方」は、ちょっとでも安く買いたい

「売りたい方」は、ちょっとでも高く売りたい。

これは当然の事で、私たちは それぞれのお客様のニーズにお応えできる様、努力を惜しみません。

 

「不動産屋によって、持っている情報量が違う」

もしかして、そんな事、思っていらっしゃる方おられます?

良い物件を見つけるために、いろんな不動産屋に足を運ぶ。

これは、随分と大昔のお話で、現在の不動産業界では、基本的に取り扱っている物件は「同じ」なのです。

 

かつて、不動産業界はとても閉鎖的で、売主様からお預かりした売り物件は、預かった不動産業者が自社の顧客へ紹介するのが主流でした。

当然、その物件の所在する地域の 地元不動産会社がそれらを預かり、販売する形態。

駅の周りに不動産会社が多いのは そのためでしょうね。

また、不動産というと、地域密着が定着しておりますので、大手不動産会社ともなると

鉄道の各駅に、支店を出して営業しておりました。

 

1980年に宅建業法改正により媒介契約制度が導入され

1986年に【不動産流通標準情報システム(REINS)】が運用開始。

全国の不動産業者は、自社が受任した売り物件の情報をRAINSに登録する事を義務づけられ、

会員である不動産業者間で、売り物件の情報を共有し、広く買い手を探せる仕組みが構築されました。

極端な話、どこの不動産会社に売却を依頼しても、このシステムにより、日本全国の不動産会社が、それぞれの顧客に物件を紹介する事が出来る様になっている訳です。

不動産を買いたい場合も同じく。希望条件を不動産会社に伝えれば、このRAINSから、該当する物件の紹介を受ける事が出来ます。

 

不動産業界のこのシステムは 実に便利なものです。

【買いたい方】のご要望は、人によって異なり、かなり現実の相場から外れている事もありますから、マッチする情報と出会えるかどうかは、その条件次第です。

ですが、【売りたい方】にとっては、多くの【買いたい方】に情報が伝搬できますので、

物件の価格が極端に現実の相場から乖離していなければ、買い手を見つける事は、それほど難しい事ではありません。

 

このREINSは、不動産業者だけが見る事が出来るシステムですが、 

今は 一般の【買いたい方】はSUUMOやHOME’Sと言った不動産ポータルサイトの利用が主流になっています。
これらの広告に物件情報を掲載する事により、さらに【買いたい方】の目に止まります。

つまり、今の不動産流通の業界では、より早く、不動産売買を成立出来るシステムが存在しているので、一般のお客様にとっては、心強いものなのです。

ですが、一般のお客様のご要望を第一に優先して、業務を遂行しなければならない不動産業者が、これらのシステムを、【意図的に】有効活用しない・・というのが現状なのです。

宅建業法では、一般のお客様から不動産の売却依頼を受け、媒介契約を締結した場合

専任媒介の場合は1週間以内にREINSへの登録が義務付けられています。

また、2週間ごとに、販売状況についての業務処理報告をしなければなりません。

にもかかわらず、登録している物件について、他の業者から問合せがあっても、

色々な口実にて、紹介を拒んだり、物件の内見を断ったりする行為が後を絶ちません。

悪質なケースでは、REINSへの登録すらしていない事もあります。

 

これらは、売主、買主 双方を自社で成約させようとするのが目的で、

売・買から各3%。合計6%の仲介手数料を得られる「両手取引」が目当てなのです。

他社には紹介させず、自社のみで不動産ポータルサイトに掲載して時間を浪費する。

売主様への報告は 当然 事実とは違う、嘘の報告する。

いよいよ時間が経過し、売主様が不安になったところで、価格の見直しを提案。

値段を下げたところで、すかさず、業者に卸売りを行い、その後 業者からの再販で もうひと儲け。

書いているうちに 気分が悪くなってまいりましたが、こう言った行為は、「囲い込み」と呼ばれ 当社のスタッフのブログでは、何度も何度も取り上げております。

実のところ、実名は出せませんが、この「囲い込み」は、大手と言われる不動産会社が十八番としている芸当なのです。

 

ここであらためて、弊社【REDS】の売却手法についてご説明いたしますが

実にシンプルです。

先に書かせて頂きましたが、現在の不動産流通の仕組みはとても便利になっており、

それを無駄なく忠実に使う。

RAINSの登録はもちろんですが、他社からの問い合わせ、ご案内申込にも 丁寧に対応いたします。

また、不動産ポータルサイトをはじめとした、不動産広告についても、基本的に他社による掲載協力を推奨しています。

広告掲載は、弊社でも行っていますが、他社が費用を使って積極的に広告宣伝してもらえるなら、情報はさらに広く行き渡ります。

こうした、当たり前の事を、当たり前に行う事で 売却のご依頼いただいたお客様へ より早く、より高く、ご所有不動産の売却が叶うのです。

 

かく言う私が 弊社【REDS】にてお預りした物件については、全て3か月以内でのご成約となっております。

自画自賛してしまい、申し訳ございません。

カテゴリー:

売却のフォームへの遷移版 売却のフォームへの遷移版

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。 お客さまの喜びの声が続々

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元

・業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルはマスコミからも注目されています。「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各種媒体でも紹介されています。年中無休で営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら:0800-100-6633  LINEでも受付中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る