年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

壁芯面積

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年4月17日

「不動産流通システム」有馬でございます。

「壁芯面積」とは、建物の床面積を測定する際に、壁や柱の厚みの中心線を想定し、この中心線に囲まれた面積を「床面積」とする考え方のことです。

この「壁芯面積」の考え方で計算すると、壁や柱の厚みの分が床面積に加算されるので、実際に使用可能な部分の床面積よりもやや大きい床面積となります。

マンションのパフレット等で表示されている専有面積は、ほとんどが壁芯で表示されています。共同住宅の場合、壁や柱は共用部分になるため、売買対象となる床面積は、内法(うちのり)で測定した登記簿上の面積になり、壁芯面積より少し小さくなります。
建築基準法では、建物の床面積とは「壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の面積」であると規定しているので、建築基準法は壁心の考え方を採用しているということができます。

 

カテゴリー:

(旧)●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを (旧)●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る