年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

不動産市場におきまして

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年3月22日

数年前のお話しですが、2022年を過ぎたころ、関東の不動産価格は、大幅に下落すると噂をされていた時期がありました。

ひとつには、東京オリンピックが終わり、不動産の需要、投資が減り、不動産価格が下落に転じる…

もうひとつの理由として、生産緑地制度の指定が解除され、不動産市場に物件があふれる。

その結果、需給バランスがくずれ、不動産市場が下落するとの内容でした。

 

1992年から30年間続いた、生産緑地の指定解除が、今年2022年となります。

多くの地主さんが、売却されることになると、予想されていましたが、希望されている地主さんは、わずかなようです。

 

その要因と致しまして、

・10年の延長ができる。さらに10年後、再延長(計20年)可能

・面積要件500㎡→300㎡に引き下げ

・指定用途制限の緩和

などが、考えられます。

 

実際にその期日がくるまで、結果はわかりませんが、現在販売中の物件より、ほんの気持ち、物件数が多くなるくらいかと思います。

※都心部等、関係のないエリアもあります。

また、販売価格相場にも、ほとんど、影響がないと思います。(個人的な感想です。)

 

よく言われていることですが、『家が欲しい』と思われた、『今が買い時』です。

不動産に関するご相談は、お気軽にお申し付けください!

 

        

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る