年中無休/10時〜19時 0800-100-6633

中古マンション、成約の約3割が築31年以上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年2月26日

みなさま、こんにちは。

先日、(公財)東日本不動産流通機構が「築年数から見た首都圏の不動産流通市場(2021年)」を公表しました。

 

その資料によりますと、首都圏で成約した既存マンションの平均築年数は22.67年(前年比0.68年増)、新規登録物件は27.23年(同0.40年増)。

既存戸建てについては、成約物件は21.20年(同0.42年減)、新規登録23.78年(同0.35年増)となるそうです。

 

築年帯別の構成比率をみると、

既存マンションの成約物件では築31年以上が29.7%(同2.2ポイント増)と3割に迫り、

その約半数が築40年超となるようです。

また、築6~10年、築26~30年も比率が拡大しているそうです。

 

築古のデメリットとして木造戸建で20年、マンションは25年以上経過したものは、

基本的には、住宅ローン減税等の税制優遇を受けられないのですが、

それでも尚、価格的にメリットを感じられる方が多いようです。

 

たしかに外観が古くとも、

例えばリノベーションマンションやリノベーション戸建と云った物件の室内は、

ほとんど新築と云っても過言ではないレベルにあるかと思います。

 

耐震性も新耐震基準(S56.6.1以降)の物件であれば、ある程度の強度は期待できると考えられる方が多いのかと思います。

 

なお、既存マンションの平均価格は

■築5年以内が6,136万円、築6~10万円が5,538万円

■築11~20年が4,000万円台、築21~25年が3,000万円台

■築26年以上は2,000万円台

 

既存戸建の平均価格は

■築10年以下は4,000万円台

■築11~25年が3,000万円台

■築26年以上が2,000万円台

 

上記のようになるそうです。

 

ご参考までにいただけると幸いです。

カテゴリー:

(旧)●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを (旧)●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る