年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
酒井 智さかい さとし

建築資材の値上がりが止まりません・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年1月14日

新年早々ですが、相変わらず続いている建築資材高騰の話題です。

本日、壁紙国内最大手のサンゲツが、住宅の壁材や床材を全面値上げするというニュースがありました。
値上げするのは4月1日受注分からで、値上げ幅は「18~24%」と過去最大になるそうです。
サンゲツは2021年9月に「13~18%」の値上げを実施したばかりですが、それ以降も製造コスト等の上昇が続き、値上げせざるを得ない状況のようです。

近年しきりにささやかれる「ウッドショック」による木材価格の上昇だけではなく、その他資材や人件費、保管コストなど、全体的に上昇しているのが現状です。
そうすれば当然建築単価が上昇するわけで、新築戸建の価格が一向に下がらない一因となっています。
購入する側としては、物件の価格がどんどん値上がりしている状況は困りものですが、しばらくはこの状態が続くかもしれませんね。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る