年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
和田 進わだ すすむ

新型コロナウィルスの感染状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2022年1月14日

新型コロナウィルスの感染者が急増しています。

東京都でも、1月8日に新規感染者数が1,000人を超えたと思ったら、あっという間

に2,000人を超え、昨日(1月13日)は3,124人だったそうです。

 

東京都のモニタリング会議では、専門家は、「新規陽性者がこのまま高水準で増加

すれば1週間後の7日間平均は1万人近くになる。」としたうえで、「すべての都民が、

感染者や濃厚接触者となるリスクが高まり、社会活動の停止を余儀なくされる

可能性がある。」と述べ、「対策を早急に検討する必要がある。」と指摘しているそう

です。

 

東京都は、都内の病床使用率が20%になった段階で『まん延防止等重点措置』の

適用について、50%になった段階で緊急事態宣言の発出について、それぞれ

国への要請を検討することにしているそうです。

また、都内企業等に職場においてテレワーク推進の中心的な役割を担う

「テレワーク推進リーダー」を設置する制度を開始しているそうです。

「推進リーダー」を設置した中小企業でテレワークを「週3日・社員の7割以上」

実施した場合は、最大50万円の「テレワーク推進強化奨励金」が支給されるそう

です。その他、テレワークの普及を推進するため、複数の事業を行っているそうです。

 

今回の『オミクロン株』は、重症化率はどうやら低そうです。前回の『デルタ株』と

比較して重症化率はおよそ半分程度とする報道記事も見受けられます。

だからでしょうか、今回は私をはじめ皆さんの危機意識がいま一つのように

思います。

たとえ重症化率が低くても、感染者数の増加に歯止めがかからなければ、医療崩壊

どころか社会機能が停止する可能性まであるでしょう。

 

感染症は人と人との接触で広がっていきます。ですが都内の人流は現在減っている

ように見えません。人流を減らせば減ります。できる仕事はテレワークにする、

残念ですが新年会などは控えるなど各自が予防策を徹底し、協力することが必要な

時期なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る