年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
荒 芳弘あら よしひろ

住まいのセルフチェックをおこたると、後日多額な補修費用が掛かるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年12月21日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)宅建士の荒 芳弘(アラ ヨシヒロ)です。

 

今年も残り10日間となりました。

光陰矢の如し、時間の経つのは速いものです。

昨年同様、今年もコロナ禍の影響で大変な1年でした。

来年こそはコロナ禍が収束し、平和な生活が戻るように祈るばかりです。

オミクロン株の濃厚接触者が東京都内で1,000人突破したという報道もあります。今後の動向が気になります。

 

日経新聞に気になる記事がありました。

 

大掃除、住宅コンディションも自分で確認

20代からのマイホーム考 2021年12月20日 5:00

 

 

年末といえば大掃除です。いつもは手を付けない場所も掃除するでしょうから、戸建て住宅のコンディションを確認するにはもってこいのタイミングです。今回は、年末におすすめの自分でできる戸建てのコンディションチェックについて紹介します。

 

天井を見上げて雨漏りチェック

雨漏りのチェックは、天井をじっくり見上げてみるのが一番です。雨漏りがあると天井に「水染み」が出ます。意識して見ないと日々の暮らしの中では気付きにくいものなので、ぜひチェックしてみてください。水染みがみられる場合、雨漏りの可能性があります。

このような場合、屋根裏をのぞいてみると、雨漏りの形跡が見つかることがあります。最上階の押し入れやクローゼットなどの天井に点検口がある場合、そこからのぞいて、スマートフォンなどで写真を撮ってみてください。屋根の下地などに染み(こげ茶色や黒っぽく変色した部分)がある場合には、なにがしかの理由から雨漏りしている可能性があります。

 

床下の水漏れ、シロアリの害をチェック

床下収納や1階にある浴室入り口付近には床下点検口がついているケースがあります。もしこうした点検口があるならば、年に一度はのぞいてみるとよいでしょう。床下の湿気が多いと土台などの木造構造部分の腐食やシロアリの被害を受けやすくなります。水回りの配管から水漏れが生じていれば、より湿気が多くなり被害リスクも高まります。湿気が多い場合は、カビ臭いにおいがすることが多いというのも一つのサインです。床下に手を伸ばして写真撮影すれば、水漏れなどによってできた水たまりや木部の染みなどが確認できる場合もあります。

 

庭掃除とともに基礎と外壁をチェック

庭や外構部分を掃除する際、ついでに基礎と外壁をチェックしましょう。基礎についてはコンクリート部分におけるひび割れの有無をチェックします。ひび割れの幅が0.5ミリ以上ある場合は要注意です。コンクリートはアルカリ性で、中にある鉄筋がさびることなく守られているのですが、ひび割れ部分から水や空気が入り込むと、アルカリ性であるコンクリートが中和されてしまいます。さらに水や空気が入り込めば鉄筋は酸化してさびてしまいます。さびると鉄筋は膨張し最後にはコンクリートが破損してしまうということにもなりかねません。

ひび割れの幅が0.1ミリ未満であれば、コンクリートの乾燥による収縮で発生するヘアクラックと呼ばれるものである可能性が高く、あまり心配はいらないと言われています。

モルタルが塗られた外壁のひび割れも雨漏りの原因となります。ヘアクラックであればあまり心配はいりませんが、0.3ミリ以上の幅がある場合には雨水が入りやすくなりますので、修繕を検討したほうがよいでしょう。金属系や窯業系の板状のサイディングで貼り付けられた外壁は、ひび割れのチェックだけでなく、サイディングとサイディングの隙間に埋められているシーリング材(建物の防水性や気密性を保持するために継ぎ目や隙間に用いる材料)をよく見てみましょう。古くなると劣化しひび割れが発生することがあります。シーリング材は数年から10年程度すると硬化してひび割れしやすくなり、そこから雨水が浸入し雨漏りの原因となることがあります。

 

気になる部分は専門家に相談

気になる部分が見つかったのであれば、年明けに工務店やホームインスペクター(住宅診断士)などの専門家に相談してみるとよいと思います。

劣化した部分を放置すると、思いもかけない費用がかかることもありますが、早期に発見できれば結果的に安い費用で長持ちさせることができる場合が多いものです。年末の大掃除とともに住まいのセルフチェックをして気持ちよく年末年始を過ごしてみてはいかがでしょうか。(不動産コンサルタント 田中歩氏)

 

以上の内容です。

 

繰り返しになりますが、大掃除を機会に細部を確認し、気になるところがあれば、補修されてはいかがでしょうか。

放っておくと、後日多額な補修費用が掛かるかもしれません。

そう考えますと、1年に1回よりは常日頃からお住まいのコンディションをチェックする必要があるように思います。

建物等を良い状態に保つことが、売却させる際も役に立ちます。

定量的な効果は分かりませんが、より高値成約・早期売却が可能になります。

 

 

毎回ですが、売却物件募集中です。

高値成約・早期売却可能な弊社(REDS)独自の販売システムでご協力させていただきます。

売主様における不動産ご売却にかかる諸費用は、ほぼ100%が仲介手数料です。

最も効果が高いのは、成約価格が高く仲介手数料を安くすることです。

弊社(REDS)のご売却に関するシステムは、両者を兼ね備えたものであると自負しております。

私にお任せいただければと思います。ご連絡お待ちしております。

 

REDSの売却:https://www.reds.co.jp/sell/

「スーモには掲載しきれなかった、高く早く売却するためのREDSオリジナルシステムを、ぜひご確認ください」

 

なお、弊社(REDS)では、ご希望により「住宅設備保証制度」を導入しています。

売主様が物件引渡後も安心できるような制度も用意しております。

 

よろしくお願い申し上げます。

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る