年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
山澤 壮史やまざわ そうじ

外壁のはなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年12月19日

REDS【宅建士】の山澤壮史です。

この間築13年の中古住宅の内覧にいきました。

この家は当時国内大手グループの新築分譲でした。価格が安く広さもあり

当時はすぐ完売したのを覚えています。

 

新築を御覧になるとき、みなさんはどこを見ますか。

 

間取り・設備・外観などなど見るポイントは違いますが、新築の時は

家もキレイですから、あまり外壁や屋根のことは気にされる方はいない

かもしれませんね。

実は安い分譲だと外壁の主力材のサイディングボードは薄いものを使っ

ていることがあります。薄いですから軽くなります。構造躯体も軽い屋根

や壁を使うとコストダウンになります。

新築時はキレイなので気になりませんが、13年経って見に行くと外壁材

が薄いため反り返りがでていたり、割れていたりといった点が気になりました。

 

そしてポイントは外壁や屋根はメンテナンスに非常ににお金がかかるということです。

 

壁や屋根は1年365日外を向いて仕事していますから、暑かったり寒かったり

過酷です。設備や間取り以外にこの点も考えて目の前の金額ではなく、高くても

性能の良いもので将来のメンテナンスコストを考えて検討されてはいかがでしょう。

 

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る