年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
井上 湧太いのうえ ゆうた

戸建は新築派、中古派どちらですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年12月6日

皆さんこんにちは!

 

不動産流通システムの井上です。

 

突然ですがもし、戸建てを購入される場合、新築と中古どちらをお選び

になりますでしょうか!

 

「やっぱり、新しい新築がいい!」

「駅から近くて、コストも抑えられている中古戸建いい。」

など様々なご意見あるかと思います。

 

もちろん、外せない条件や様々な要因があり、

どちらがいいか決めつけるのは良くないと思います。

 

ちなみに私は昨年、新築の戸建てを購入致しました。

選んだ理由は、ただ単純に新しい家がいいという安易な考えです。 

自分が気に入った住まいを見つけて住めればいいと思っております。

 

ただ、だからと言って調べもせずに購入するのはどうなんでしょう。

本日は簡単ではございますが比較したとき,どこがポイントになるか

ご紹介できればと思います。

 

まずは新築戸建てからです。

メリット

・新築に住むという満足感

まさに私ですが、譲れない条件の一つと言っても過言ではないでしょうか。

 

・設備

最新の設備が設置されることも多く、構造上の問題で新築でなければ

設置ができないなんてこともあります。

あとは、なんと言っても未使用であり新品ですので非常に綺麗な

状態です。設備によってはしっかりと設備保障もついておりますので

安心して新生活を過ごすことができます。

 

・税金の優遇がございます。

中古に比べ不動産取得税、固定資産税の軽減処置など優遇処置が

未だに多いです。

 

・保障

新築は「住宅品質確保促進法」により柱など住宅の構造耐力上主要

な部分、雨水の侵入を防止する部分つき10年間の保証がございます。

そのほかにも保証期間は10年ではございませんが、様々な保証が

ついている場合がほとんどです。

 

デメリット

・駅から遠い場合が多い    

駅周辺はすでに建物が建っておりますので、駅から離れた土地に新築を

建築することが多く、自然と駅から遠くなってしまいがちです。

 

・別途買うものが多い
網戸、シャッターなどは別途購入するケースが多いです。

その中でも特に多いのが、エアコンです。

どの部屋にも必ずほしいエアコンは自分で購入しなければなりません。

部屋数に応じて購入しますので3~4台になるなんてこともあります。

 

 

 次は中古です。

メリット

・新築に比べ安い
安いに越したことはありません。

条件によっては浮いた資金で気になる部分のリフォームを施して

住みよくするのもいいかもしれません。

 

・建物のコンディションをチェックできる

新築の場合だと完成する前に売れてしまうこともよくあります。

中古であれば現状を確認することができ、より住んだ時の

イメージもしやすくなると思います。

 

・設備を買う必要がない場合がある。
中古の場合、エアコンや照明などの設備がすでに付いていることも

あります。条件によっては撤去してしまうときもあるので

購入する前に要確認が必要です。

 

・リノベーション

費用は掛かってしまいますが、自分好みのリフォームすることも可能です。。

限られた予算や条件の中でこだわりの住まいを作ることも

より新居に愛着を沸かせる要因になると思います。

また、あえて部分的に手直しをすることなく、

古風な雰囲気を残すことも味わいがあっていいと思います。

 

 

デメリット

・建て直すと狭くなる場合がある

建築基準法の改定により当時は許された大きさの建物でも、立て直しの際は

同規模の建物が建築できない場合もありますが、逆に大きく建てられる

ケースもあります。

資産価値にも大きく影響する部分であるのでしっかりと確認するポイントです。
 

・保証期間が短い。または保証がない
中古の場合、多くは個人の方がご所有されていることが多く保証期間も購入後

3か月もしくは、保証がない場合もございます。

 

以上になります。

 

それぞれ良し悪しがあり、甲乙つけがたいところであります。

やはり一番はご自身にマッチした物件を探すことが近道だと思います。

 

来週もお役に立てられる情報をご紹介できればと思います。

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る