年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
藤井 優子ふじい ゆうこ

壁紙の色と片頭痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年11月18日

 

ご覧いただきありがとうございます。
【REDS】不動産流通システムの藤井でございます。

今日は、片頭痛と壁紙の色のお話です。

 

最近、「天気痛」というのをよく聞きますが、ご存知でしょうか?
天候の関係で急な気圧の変化により片頭痛が起きることがあります。
私も以前から片頭痛持ちで気圧の変化で、気持ちが悪くなるほどの頭痛に悩まされることもありました。
今はなぜだか少し良くなってきたと思います。

 

 

 

 

「天気痛」ってようやく最近になっさてよく耳にするようになりましたが、以前はなかなかこの辛さをわかってもらえないことも多く、仕事のある日に「天気痛」なってしまうともう最悪でした。
片頭痛って男性もなる方がいると聞いたことがありますが、皆様いかがでしょうか?

 

 

本題ですが、皆様のご自宅の壁紙の色は何色でいらっしゃいますか?
実は、この壁紙の色と片頭痛って少々関係があります。

10年位前のリノベーションはお部屋の雰囲気が真っ白な感じがはやっていました。
当時の内装業者の方に教えていただいたのてのですが、ほんとの真っ白にしてしまうと目がチカチカしてきたり、頭痛になりやすいと教えていただきました。
そういえば、当時タワーマンションの高層階のオープンルームをやった時、南西向きで日当たりがとてもよかったのですが、床も壁紙も真っ白でとても眩しかったのを覚えています。

 

 

 

 

この真っ白な壁紙と白いフローリングですが、見た目はお部屋が広く見えていいかもしれませんが片頭痛持ちの方は注意が必要です。

写真だけでも少々眩しいような気が致します。

 

 

私は、リフォームをご提案する際に真っ白な壁紙がいいとリクエストがあった際には、真っ白は控えたほうがいいとご説明し、すこーしだけクリームがかったような白に近い色やよく視線がいくテレビを置く側の壁にアクセントクロスをご提案していました。
ほんとに少しの差なのですが、部屋一面に貼る壁紙なので、その少しのトーンの差が大事です。

最近では、リビングの一面だけ差し色のクロスをつかったりするのもよく見かけますが、雰囲気も良くなりますし、眩しくないしとてもいいかもしれません。
部屋全体を淡いベージュ系の壁紙にしても外国風な感じでとってもかわいくなると思います。

 

 

 

 

アクセントクロスであれば、下のような濃いグレーもインテリアにもよりますが以外になじむと思います。

 

 

お客様のリクエストにお答えするのは簡単ですが、今迄の経験で得た知識を生かしてより良いご提案をするというのも大事になります。
部屋全体をリフォームするとなると大変ですが、大がかりなリフォームではなく壁紙だけ張り替えるというのもお部屋の雰囲気が一新しますのでおすすめです。
REDSには工事部もございますので、是非お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る