年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
畑中 隼一郎はたなか じゅんいちろう

重要事項説明書の大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年11月13日

まず、重要事項説明書とは、売買契約締結の意思決定にあたって重要な事項が記載されている書面になります。

したがって、買主様としては、契約を締結する前に、重要事項説明書をよく読み、宅建業者(実際に説明を行う宅地建物取引士)の説明をよく聞いて、その内容を十分に理解した上で、売買契約を締結することが重要といえます。

 

その重要事項説明の内容でトラブルになるケースが多いのでご紹介致します。

 

〇調査確認(役所調査・現地調査・近隣聞き取り・管理員、管理会社への聞き込み)

 

〇書面作成(売買契約書作成・重要事項説明作成・覚書作成)

 

〇対面説明(事前説明・契約書、重要事項説明書の読み合わせ)

 

大きく分けて上記3つの調査がありますが、一番大事なのが「調査確認」ではないでしょうか。

 

そんなトラブルにならない為に細かく調査を行うのが、宅地建物取引士であると思います。

 

私は、「現地調査」や「聞き取り調査」を行うとトラブルを未然に防ぐことができるため、しっかり調査を行って参ります。

 

物件のお引渡後も売主様・買主様に気持ちの良いお取引になるよう、細かな調査を行い、思い出に残る営業マンでありたいと思います。

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る