年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
三堀 雅人みつぼり まさと

販売図面と現地の相違

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年11月4日

こんにちは。REDS宅建士の三堀です。

今週末もすでに2組のお客様とご案内のお約束をさせて頂いており、日々忙しく活動しております。

そんな私たち営業がご案内の際にお客様にお渡しして、手にお持ち頂いて貰っているチラシは一般的には【販売図面】と称しています。

実は、この販売図面は、基本的には不動産会社間、業者間で共有している物件の情報を簡易的に一枚の紙に纏めた物であります。ですので、時に販売図面に記載されている詳細情報に誤りがある場合もございます。

その誤りも些細な部分でしたら良いのですが、購入の意思に左右される様な重大な誤りですと、大きなトラブルになります。

代表的なもので言うと、マンションであれば、例えば修繕積立金が記載の金額より実際には髙かったり、またはペット可と記載があったところ、実際には不可であったりと、重要な箇所での記載の誤りが稀に有ったりします。

ですが、最終的には私ども宅建士が調査して売買契約前に調査し、その誤りに気付き、お客様にお伝えして、その上で再度購入の意思の判断を仰いだり、時には契約を止めるように促したり致します。

よって大きなトラブルにはならない様未然に防ぐ事が出来るのです。

ですが先日、お客様を案内した物件は3階建ての新築物件だったのですが、その物件は周辺町並み全体で、セットバック(道路を4Mに広げる行為)が必要なくらい、道が狭い住宅地の一角にございました。

新築分譲住宅2棟現場で、現地は完成していて、LDKも18帖と広く、ビルトインカースペースがあり、目の前の道路はすでにセットバック後の4M道路になっておりました。

幸いにもお客様は現在、小型車を所有しらっしゃるとの事で、現地でも十分に駐車できるくらいビルトインカースペースで、実際に駐車を試みて、多少切り返しは必要でしたが、普通に車庫入れが出来ました。

道の狭さを当初、私も懸念していましたが今後、大きなサイズの車に買い替える予定もないとの事でしたので、前向きに検討するとのお言葉を頂き、次の日の回答(お申込み)をお約束させて頂きました。

そして翌日ご連絡を頂いたのですが、今回は見送るとの回答でございました。

理由は、現地へ車で行く途中、角の家の駐車場に普通車が駐車されていたらしいのですが、その普通車は敷地の車庫スペース(平置き)に対して、大幅に道路側にはみ出ており、そのはみ出ている事により、お客様の車が曲がり切れず、新築物件の現地まで辿り着けないとの理由でした。

確かにご見学された日は日曜日で、そのはみ出ている場所の家には、車が停まっておらず、その時はその様な、懸念事項が発見出来ませんでした。恐らく、外出か何かで車が無かったのだと推測されます。

現地までは、そのルートを利用するしか方法はなく、どうしてもそのはみ出ている車が有る事で辿り着くことが出来ません。

この件に関して役所(建築指導課)にも見解をヒアリングしたところ、強制的に退いてもらう事は出来ないとの事でしたので、さらに最寄りの警察署に尋ねましたところ、建築基準法では、車がはみ出ていて、通行を阻害行為で違反に当たるかもしれませんが、道路交通法では違反に問えないとの交通課の方の回答でした。

どちらも腑に落ちない回答で、理由は長くなるので省きますが、この件についてお客様に翌日報告したところ、近所にあたるので、騒ぎ立てたくないとの事でしたので、物件自体の購入を見送るという再度の回答でございました。

今回のような事例の経験は初めてでございましたが、買主様が知らずに売買契約を結ばず何よりと安堵しております。

ですが、仮に私自身が何度か現地へ足を運んだ結果、この件を発見できたかといいますと、いささか疑問で、分からずじまいだったかもしれません。

 

そこで冒頭の話に戻りますが、販売図面と現地の状況は異なるという事でございます。

そもそも、その販売図面にカースペース有と記載され、現地もビルトインカースペースが有り、今回の様なケースは想像すらせず想定外でした。

ちなみに、この販売図面は主に、建売業者様が作成しておりますが、やはり現地との整合性は各建売業者様に委ねられています。

一体、建築の際のトラックはどうやって入っていったのだろうという疑問は残りますが、もしかしましたら、たまたま家に来客?していて駐車していた可能性も否定出来ませんが、仮にそうであっても、今後同じような事が起きないとも限らず、大きなトラブルにならずに済みました。

反省すべき点は、道が狭い道路に位置する物件を購入して頂くのであれば、車は無くても良いというくらいの割り切れるお客様に、このような物件を勧めるべきであり、その点を念には念を入れ確認すべきところではありました。

昨今、販売図面については2重チェックをして正確性を追求して作成しておりますが、お客様につきましても、くれぐれもお手元の販売図面は絶対なものではなく、簡易的、あくまでも目安という事を念頭におき、現地を見学されますようお願いいたします。

ですが、すべてが誤りでもないので、見学自体は楽しくご覧頂き、疑いの目で現地を見る必要はなく、粗探しで見学する事無く、常にご自身がお住まいなるイメージで見学される事も必要ではあります。

そして実際に購入されるお気持ちが固まれば、私どもエージェントの宅建士が物件調査しますので、お客様自身は駅から現地までのルートや周辺環境を含めて、ご自身の目で、再度ご確認の上お申込みをされてください。

その上で、購入決定を左右するような重大な事項がございましたら、私どもREDSエージェント全員が、売買契約の数日前に必ずお伝えするようにしておりますのでご安心頂ければと思います。

不動産会社によっては、重大な事項を契約時のその場でお伝えする不動産会社様も少なくありません。

弊社ではその様な事はございませんので、よりスムーズに購入して頂く為に事前にお伝え致しております。

もちろん、何も懸念材料がない物件につきましては、事前説明も必要ないという事は言うまでもございませんが。

パックンのCMでお馴染みの弊社REDSは、新築物件であれば殆どが【仲介手数料無料】、中古物件全てにつきましても【仲介手数料半額、または割引】になります。

皆さまからの物件URL添付のお問い合わせ、エージェント一同、心よりお待ちしております。

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る