年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
樋口 義昭ひぐち よしあき

小規模宅地等の特例はマンションにも使えますー相続税対策ー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年10月30日
公開日:2021年10月29日

不動産を買う時も、売る時も、

【仲介手数料最大無料】の不動産流通システム

【REDS】エージェントの樋口です。

 

いつもブログをご覧いただき、

まことにありがとうございます。

 

『小規模宅地の特例』

名称のイメージから、

土地や・一戸建てだけの

特典的な特例に見えてしまいますが

もちろん

分譲マンションにも適用されます。

 

この特例は、

(マンションの)土地部分だけの

負担軽減特例です。

 

居住用の場合、

330㎡以下であれば

80%の評価減を受けられます。

*自家用の場合、建物評価額の控除はありません

 

【土地面積の出し方】

全体の敷地面積×敷地権割合=マンションの土地面積

例)4,000㎡×500000/1億=20㎡

20㎡が、自己所有している土地面積の割合になります。

 

 

例)評価額100万円×20㎡=2,000万円

2,000万円×20%=400万円

400万円-基礎控除3,600万円=土地分の相続税ゼロ

 

このようになります。

 

80%減、は大きいですね!

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る