年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
井原 直樹いはら なおき

登記費用の計算 課税標準の罠にご注意。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年10月27日
公開日:2021年10月25日

こんにちは。

仲介手数料が必ず割引、更には無料の

REDS宅建マイスターの井原です。

 

表題の件、

 

先日、土地購入をお考えのお客様のために、事前に登記費用を確認いたしました。

 

登記費用を確認するには、登録免許税の計算が必要です。

 

登録免許税の計算をするには、固定資産税証明書が必要なのですが、

 

それには、

 

①「価格(評価額)」と②「課税標準額」という、2つの価格が記載されています。

 

登録免許税を計算するには、

 

①か②のどちらの金額を使えばいいのかわかりません。。。

司法書士の先生に聞けばわかるのですが、

まずは自分で・・・とWEB上の情報を調べていくと、

 

ある司法書士事務所のHPでは、

登録免許税 = 課税標準金額 × 税率 との記載が。

なるほど!固定資産明細の「課税標準」に税率をかければ良いのか。

と納得しかけたところ、

 

別の司法書士事務所HPでは、

登録免許税 = 評価額 × 税率との記載が・・・

 

どっちなんだ!?!?

となり、

 

結局は法務局のHPを確認すると、

「登録免許税額 = (課税標準)×(税率)」との記載が!

 

やっぱり課税標準額を使えばいいのか。と再び納得しかけた矢先・・・

 

“固定資産課税台帳の価格とは,固定資産課税明細書において,一般的に「価格」又は「評価額」と表記されている価格であり,「固定資産税課税標準額」ではありません。”(法務局HPより引用)

もう!?!?が止まりません。

私の脳では理解が出来なかったので、友人の司法書士先生へ確認すると、

 

登録免許税 = 評価額(価格) × 税率 が正解

との事でした。

 

ちなみに、

評価額と課税標準は倍近い価格差がありますので、

 

これを取り違えると、登記費用(登録免許税)も倍近く違う金額を提示してしまう事になります。

確認ができて、ほっと一安心でした。

余談ですが、

彼との会話で「課税標準」という言葉の意味合いが、立場により2つの意味を持っていることがわかりました。

 

法務局サイド:評価額を1000円未満の端数切捨てした金額

納税者サイド:固定資産税等を課税する為の金額

 

しっかり確認しないで、この罠にはまる仲介マンもいると思います・・・ご用心。

 

安全安心の不動産取引なら、知識と経験豊富な、REDS宅建マイスターにお任せ下さい。

 

気になる物件があるお客様も、

 

これから物件を探すお客様も、

 

「トコトン安心・お得」に物件を探すなら!

 

お気軽に【REDS】井原までご相談ください!

メールはこちら

LINEはこちら

フリーコール 0800-100-6633

携帯電話 080-7564-4417

ご連絡はお気軽にどうぞ!

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る