年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
丸山 奈緒美まるやま なおみ

東京と横浜の違い。公課証明書(評価証明書)編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年10月25日

ブログをご覧いただきありがとうございます。
仲介手数料最大無料・必ず割引のREDS(不動産流通システム)エージェントの丸山でございます。

横浜市は自治体独自のルールが色々とあるのですが、今日のテーマは公課証明書の取得に関してです。

東京の場合、固定資産税の公課証明書の取得は下記の通りです。
・都税事務所へ行く
・媒介契約書の原本を提出

横浜の場合、下記の通りです。
・区役所へ行く
・媒介契約書の写しを提出

ちなみに横浜の場合、予め写しを用意していかないと所員の方からお叱りを受けます。

私は横浜の感覚で媒介契約書の写しを都税事務所に持参してしまい、二度手間になってしまった事がありました。

自治体によってルールが異なる為、書類の取得は事前に確認される事をお勧め致します。

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る