年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
和田 進わだ すすむ

「指値(交渉)」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年11月5日

不動産取引においての「指値(交渉)」とは、「買い側が販売価格または相場よりも

低い金額を売り側に指定する。」こと、「値下げ交渉」のことです。

 

買い側は「1円でも安く買いたい。」当然のことです。

「この物件はいくら下がりますか?」ですとか「一般的に何パーセントくらい負けて

くれるものなんですか?」というご質問をよくいただきます。

私の答えは、いつも「それぞれの物件によって異なります。」です。

 

売りに出されて間もない物件なのか、あるいはそれなりに時間が経っているのか。

売り側が急いでいるのか、急いでいないのか。

売り側に事情があって、負けたくても負けられないとか。

相場が上げ基調なのか、下げ基調なのか。

他にも購入希望者がいるのかいないのか・・・

様々な事情があります。

それによって、例えば同じ2,000万円の物件でも、「20万円下がったり」あるいは

「1円も下がらなかったり」します。

「指値(交渉)」は私も「あり」だと思いますが、時と場合によるのです。

 

 

指値交渉をするということは、その分「スキ」を生じさせることに繋がります。

場合によっては、「せっかく気に入った物件が買えなくなる」こともあったりする

のですが、その覚悟をなさっている方はあまり多くないように思います。

 

他にも購入希望者がいて、「1番手」を争うようなとこになったら・・・

以下、次回につづきます。

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る