年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
南村 匡麗なむら まさかず

売却時の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年10月22日

皆様、こんにちは

不動産流通システムの南村(ナムラ)です。

 

このほど、私も自宅を売却いたしました。

今は時期がいいですね、希望価格で売却することができました。

出して、3週間ほどで売却することができました。

 

売却時の注意点です。

住所変更登記をする場合、自分でもすぐにできます。

書類も簡単で金額も2,000円程度でできてしまいます。

私もやってみようと思い法務局に行って手続きをしました。

ですが、登記が出来上がるのが、引渡し日を超えてしまうのに気づきました。

登記官に、尋ねました。「引渡しを超えてしまうのですが登記は問題なくできますか?」

登記官は「大丈夫です。」と答えて頂いたので大丈夫なんだと思い提出しました。

司法書士にしてきましたと答えたところ。

「引渡し時に謄本が確認できないので、当方では決済登記ができません。」

慌てて他の司法書士に確認しましたが、どこもしないとの回答です。

では、登記官は嘘をついたのか?

司法書士はリスクを考えてしないところが多いとのことだそうです。

できないわけではないです。

無理やり決済していただくわけにもいかず、取り下げに法務局に向かいました。

結局早めに登記を上げていただくことにしていただき、取り下げずに済みました。

ですが、何があるかわかりませんので、登記が上がるまではかなりドキドキしました。

住所変更登記は司法書士に頼むと20,000円程度でしていただけます。

司法書士にお頼みすることをお薦めいたします。

 

弊社(REDS)を利用すると諸費用のうち最も金額が掛かるであろう

仲介手数料が最大無料になります。

ご希望条件がUPしますので、是非当社にお問合せ下さい。

 

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る