年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
北村 隼人きたむら はやと

在来工法と2×4工法(ツーバイフォー)について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年10月15日

皆様こんにちは。

 

木造新築一戸建てをご案内させていただいたお客様より、多くご質問を頂いている内容として、

 

●在来工法(木造軸組在来工法)と、2×4工法(ツーバイフォー、枠組壁工法)って何が違うの?

 

こちらについて、今回のブログでお伝えして参ります。

【在来工法とは】

 

・日本において、古くからある家の作り方になります。家の骨組みである柱と、柱と柱を渡っている梁(はり)にて、家を支えるという工法になります。

 

【2×4工法とは】

 

・ツーバイフォー、という名称が良く使われており、馴染みありますが、正式名称は「枠組壁工法」と言います。上記、在来工法と比較して、柱ではなく、壁で家を支えます。

 

つまり、壁の面で構造を作ります。細かく申し上げると、板に2×4インチの角材を打ち付けたもので家を支えます。

 

ツーバイフォーの生まれはアメリカとなりますが、近年日本でも増加している工法になります。

ここまでの内容ですと、なるほど!で?という感じですが、どっちの工法がいいんだい?というご質問については、結論としては、どちらの工法においても絶対こっちが良い!という事はありません。

 

在来工法においては、リノベーションが容易、開口部が大きくとれる。2×4工法においては、工期が在来と比較すると短い、規格化及び工法がマニュアル化されていて施工について職人によるムラが起こりにくいなどがあります。どちらにおいてもメリットを持っております。

 

デメリットにおいては、お互い比較してのメリットですのでその逆になります。また、耐久性や耐震性については、建物ごとに住宅性能が異なりますので比較はできません。

 

お住まい選びに当てはめると、新築建売及び、注文住宅においても、売主側やハウスメーカーがそれぞれの工法の現場数(実績)や、どちらの工法をおすすめしているか、またそのおすすめをする理由がポイントになるかと思います。

 

ご参考いただけましたら幸いです。ご一読ありがとうございます。

 

不動産売買におけるご不明な点は、ご成約時にお客様から頂戴する仲介手数料が、無料もしくは必ず割引のREDS【北村】まで、お気軽にご相談下さい。

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る