年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
三堀 雅人みつぼり まさと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年10月7日

先日の火曜日に今年、最後の鮎釣りに父親と行って来ました。

場所は相模川と中津川が合流する、海老名のタワーマンションも視界に入る場所の辺りです。

代表的な鮎の釣り方は、友釣りかとは思いますが、私の釣り方はコロガシ釣りという方法です。比較的年齢が高い釣り人が多く、コアな昔からの釣り人も沢山いる釣り方です。

友釣りはオトリ鮎に寄ってくる鮎に針が引っ掛かる手法ですが、コロガシ釣りは錘の付いた糸を竿を振って川の中心部に投げて、岸に向かって竿を動かし引っ掛ける手法です。

友釣りにしても、コロガシ釣りにしても針に引っ掛けることには変わりありません。

さて朝、8時から初めて、夕方の16時には終了した訳ですが、釣果はなんと二人合わせて約130匹でした。私が70匹、父が60匹といった感じです。途中休憩やら準備やらで8時間ずっと釣っていた訳ではありませんが、おおよそ5分に一匹釣れた勘定になります。それはそれで嬉しい事ではありますが、体力も必要とされます。サイズの良い15センチ級の鮎が掛かった時は、釣り上げるのに5分から7分くらい必要とされます。その間には、当然両腕の上腕二頭筋に負荷がかかりますので、疲れる訳です。またお尻くらいにまでの水深の場所で釣るのですが、川の流れもそれなりに急ですので、足腰にも相当負担がかかります。

毎年数人の高齢者が流されて亡くなる方も・・・

そういう意味では危険な趣味ですね。

 

相模川の鮎釣りの解禁日は6月1日から始まり、10月14日が最終日な訳ですが、私は今年なんだかんだと仕事が忙しく釣りに行く機会がほとんど無かったです。ですが父については毎週土曜日に行っており、毎回釣果が最低50匹で多い時は100匹くらい取れる訳です。

この釣れた鮎、もちろん食べるのですが、流石に毎回全部食べれる訳もなく、近所にお裾分けしたりします。ですが近所の方も毎週持って来られても、困る訳で、もう9月や10月になると差し上げる近所の家もなくなる訳です。そんな中、今回も前回同様に食べ盛りのお子さんが二人もいらっしゃる、同じ会社の小室さんにお裾分けをさせて頂きました。とても美味しく食べてくれた様でして父も喜んでいました。何よりです。

そんな鮎のグルメリポートは弊社の小室ブログをご覧下さい。

私は釣れた大漁の鮎の写真をアップしておきます。

一応、鮎のマリネ浸けの写真も掲載しておきました。

 

不動産とは全く関係のない今回のブログでした。

 

REDS宅建士エージェント三堀

 

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る