年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
藤井 優子ふじい ゆうこ

ドローンのお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年10月7日

 

 

ご覧いただきありがとうございます。
【REDS】不動産流通システムの藤井でございます。

 

 

今日は「ドローン」のお話です。
最近、テレビを見ていると、きっとこの映像はドローンで撮影されているんだろうなぁと思うような、迫力のある映像をよく目にするようになりました。
このドローンですが、今後は様々な分野での無人飛行機の利用を拡大するべく、航空法の見直しが行われています。

 

《航空法等の一部を改正する法律案》

https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001389983.pdf

 

 

 

 

現在、ドローンの活用の範囲は、レベル1~レベル4に段階的に区分けされています。
 ◇レベル1・・・・・・目視内での操縦飛行(空撮や橋梁点検)
 ◇レベル2・・・・・・目視内飛行(自動/自立飛行)
 ◇レベル3・・・・・・無人知縦における目視外飛行
 ◇レベル4・・・・・・友人地帯における目視外飛行

※テレビで見る空撮映像は、レベル1になります。

 

 

現在の認められているのはレベル3迄で、ドローンに関する技術は確実に向上しており、物流等へのニーズが高まっている中、2022年を目途にレベル4の「有人地帯における補助なし目視外飛行」を実現するべく制度の整備が行われています。
第三者上空での飛行(レベル4が該当)は、機体認証を受けた機体を、操縦ライセンスを有する者が操縦し、国土交通大臣の許可・承認(運航管理の方法等を確認)を受けた場合、実施可能になります。

《無人航空機の有人地帯における目視外飛行(レベル4)の実現に向けた検討小委員会中間とりまとめ 》
https://www.mlit.go.jp/policy/shingikai/content/001389494.pdf

 

 

 

もし、このレベル4が承認された場合には、数年先には通販で購入した荷物がドローンで運ばれてくるようになったり、レベル4を操縦するにはライセンスが必要になるので、雇用のニーズが生まれたりするのかと思うと、あまり変化のない同じような毎日を過ごしているけど、知らないところでどんどん新しい世界が広がってきているなと実感致します。

 

 

 

 

 

 

もし、都心部から離れた「ポツンと一軒家」に出てくるような山奥に住んでいらっしゃるような高齢者の家に食材や薬を届けられるようになったりするかもしれません。

今迄できなかったことが出来るようになるなんで素晴らしいことだなと思いました。

 

 

 

 

 

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る