年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
北村 隼人きたむら はやと

この部屋は何帖?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年10月2日
公開日:2021年10月1日

皆様こんにちは。

 

インターネットサイトの広告には、だいたい「LDK~帖」や「洋室~帖」など、掲載されている間取図に載っておりますが、たまに、その~帖が載っていない広告があります。

 

その場合、不動産会社に聞く事が一番早いのですが、今回のブログではその計算方法をお伝えさせていただきます。

 

例えば、お部屋1室の一辺が、3mと5mのお部屋があったとします。

 

・3m×5m=15㎡

 

まず、お部屋の㎡数がわかりました。次に、

 

・15㎡×0.3025=4.53坪(小数点第3位以下は切り捨てにて試算)

 

こちらで、坪数がわかりましたね。計算には不動産会社により、「0.3」を用いる事が多いようですが、より正確に近い数字を出したいのであれば「0.3025」をおすすめします。

 

・4.53坪×2=9.06帖

 

はい、そのお部屋は【9.06帖】である事がわかりました。最後の計算でなぜ、「2」を掛けるのかというと、2帖で1坪になるからです。

 

ご参考いただけましたら、幸いです。

 

不動産売買に関わるご質問は、「仲介手数料が無料もしくは、必ず割引」のREDS【北村】まで、お気軽にご相談ください。

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る