年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
三堀 雅人みつぼり まさと

手付解約における仲介手数料支払い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年9月24日

先日、お客様から下記の相談を受けました。

【自宅の売却を他の不動産屋さんでお願いしており契約予定なりましたが、買主様からの手付解約時の仲介手数料に支払いついて】

今回、自宅の売却に伴い、販売活動を他の不動産屋さんでお願いしており、無事に買い手が見付かり、契約予定となりましたが、窓口不動産の専任業者から、万が一買主様が自己都合により一定の期日までに、諸事情で契約を解除にしたい。よって手付金の100万を放棄(手付流し)しますとの申し出があった場合でも仲介手数料は頂戴しますとの説明があったそうです。

そこで売主様は考えました。【4,000万の売買価格の仲介手数料は約130万。実際に手付放棄されて100万は入ってくる。ん?買主都合で手付放棄されて、何故130万もの仲介手数料を払わなければならない?しかも買主様から没収した100万にプラス30万をしてまで仲介手数料を払わなければならない?】と考えました。

この疑問は至極当然です。買主様が支払う手付放棄金は売主様に入るものであり、その手付金を全て仲介業者に払いかつ、足らない部分を負担しなければならないのか?

誰が考えても同じ様に考えるのは必然ではあります。

ここで、問題なのは手付金の額です。通常売買価格の10%を手付金として売主側は請求出来る権利はあります。ただし、約400万の現金を流動性預金にプールしている事も、それほど多くないと仮定すると、定期預金や有価証券、生命保険、財形貯蓄など金融資産を直ぐに用意出来ない方もいるのも分かります。

それを鑑みて手付金は売買価格の5%、約200万で収まる事が多いのですが、それでも用意出来ない方もいるのは事実でございます。ですが、せっかくの良い話を手付金の過少で断るのも少々勿体ない話。

そこで一番の問題は仲介業者の手付金100万円の場合でも、仲介手数料は全額貰いますという姿勢と説明が、あまりにも利益追求、顧客を蔑ろにした言動である事です。

手付解約であろうと、違約解約であろうと、無事に決済を迎えようと、売買契約が成立した時点で仲介手数料の請求権が発生し、支払い義務が売主側様にはございます。

ですが今回のような場合は、仲介手数料は半額や折版が通常でございます。

何故なら、不動産会社の本来の目的は登記、決済等の目的物件の引き渡しに係る事務補助を行う事。つまり売買契約で完了ではなく、引き渡しまでサポートするのが通常の解釈なのです。

解約になれば、引き渡しの目的を完了しないままになります。その状況で全額受領出来るか?という問題が発生します。この考え方は国土交通省が定めた媒介契約約款に基づくもので、その国土交通省からは今回のようなケースは折半が妥当という通達も出ております。

よって、未だにこの様な不動産会社のご都合主義があること自体、信じられません。

それもこの不動産会社は大手3社のうちの1社だというのですから驚きです。やはり不動産会社選びは慎重にされた方が宜しいかと思います。大手だからといって安心は禁物ですね。

弊社は正直不動産を掲げ、顧客主義、囲い込みを悪とし、両手仲介をせず、仲介手数料最大無料、または半額および割引をお客様にサービスさせて頂いております。

もちろん、他社様にも負けない、きめ細やかなサービスを心がけております。

何か、不動産の事、仲介業者の事、物件の事、住宅ローンの事、税金等、お困りの事がございましたらお気軽にご相談ください。

弊社、宅建士エージェントは全員、親切丁寧で相談しやすいスタッフですので、お客様からのご連絡、心よりお待ちしております。

REDS宅建士エージェント 三堀

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る