年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
南村 匡麗なむら まさかず

不動産の相場の調べ方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年9月3日

皆様、こんにちは

不動産流通システムの南村(ナムラ)です。

 

マンション・戸建や土地などを売却するときは、まず「いくらで売れるのか」

を調べると思います。最終的には不動産会社に査定することになりますが。

その前に自分で相場を調べる方法がございます。

 

1・物件情報サイトで調べる。

不動産の相場を調べるために最も手っ取り早い方法は、SUUMOなど

インターネットの物件情報サイトで、自分が売りたい不動産と似たよ

うな条件の物件がいくらで売りに出ているかを調べることです。

ですが、サイトに載っている価格は現在の売却価格です。

高い物件もあれば、安い物件もあります。

 

2・実際の成約価格の情報が分かるサイトもあります。

実際の成約価格の情報が出ているサイトもあります。

それが国土交通省の「不動産取引価格情報検索」サイトです。

このサイトではまず、取引の時期を2012年から四半期ごとに選ぶ。

直近の情報については過去1年間か2年間分をまとめて検索すること

も可能です。

このほか、土地の価格相場を知るのに役立つのが公示地価や基準地価

(都道府県地価調査)など地価の情報サイトだ。公示地価は毎年

1月1日時点、基準地価は同7月1日時点の地価を不動産鑑定士が調査して

いるもので、どちらも国土交通省のサイトで検索できます。

売りたい土地そのものの価格を知りたい場合は、路線価図を見る方法

があります。路線価は相続税などの計算で地価を評価するときに利用さ

れるもので、道路ごとにそこに面する標準的な土地の平米単価が

千円単位で記されています。

土地が面する道路に書かれた金額に土地面積をかければ価格が

計算できます。ただし、2つ以上の道路に面した土地や、特殊な

形をした土地などは計算方法が異なるので注意しよう。

ちなみにこの路線価は公示地価の8割を目安に国税庁が価格を定めています。

また、固定資産税を計算するときの土地の評価額は、公示地価の7割が目安です。

このように公示地価(基準地価もほぼ同水準)はさまざまな地価を計算する

基となる価格ですが、実際に取引される価格とは必ずしも一致しません。

 

ですが、本当に売却をするぞとなったら是非、REDSにお任せください。

高く早く売却するためのREDSオリジナルシステムを、ぜひご確認ください

↓  ↓  ↓  ↓

売却をお考えの方|仲介手数料無料のREDS(レッズ)

弊社(REDS)を利用すると諸費用のうち最も金額が掛かるであろう

仲介手数料が最大無料になります。

ご希望条件がUPしますので、是非当社にお問合せ下さい。

 

 

 

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る