年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
谷辺 英一郎たにべ えいいちろう

東京23区から転入されている人気の街

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年8月21日

「〇〇市の物件情報なら当社にお任せ下さい!」
【地域密着】を謳い文句にしている不動産会社ってとても多いですよね。
ある程度、小規模な店舗とスタッフで営業するので、
エリアはいたずらに広げず、その所在する地域を限定的に網羅する事で
他社と差別化を図る・・・と言ったところだと思います。
書くいう私も、かつて在籍していた会社も例に漏れず、
ある時期は東京都の城南エリアだったり、はたまた横浜市や川崎市であったり。
私だけではなく、長くこの仕事に携わっておりますと、嫌でも特定のエリアに詳しくなり
住所を聞いただけで あ。あそこか。と解ってしまったり。

当社【REDS】では、一都三県、首都圏の不動産売買の仲介を広く取り扱っており、
前記の様に 特定のエリアに限定しておりません。
そのため、神奈川県湘南に住まう私も 午前中は千葉県へ、午後から東京、夕方は神奈川県 
と言った具合に動きまわっている次第です。

ふと、ある記事に目が止まりました。

コロナ禍の影響で都心から郊外へ転出する人が多くなっています。
総務省の住民基本台帳人口移動報告によると、
2020年に東京23区から転出した人は約36万5000人で、
長引くコロナの影響によってその数は増え続けているようです。

では、東京23区内から転出した先で多かったのはどこだったのでしょうか。

5位:川崎市宮前区。こちらは田園都市線で渋谷まで1本の人気エリア。
4位:東京都小金井市。中央線を利用しての都心へのアクセスが抜群ですし、公園や大学が多いのが特徴です。
3位:横浜市中区。多くの人に馴染みのある横浜港を囲むエリアで、山下公園などのオシャレなデートスポットがあることでも有名です。
2位:三鷹市。井の頭公園などの自然と、都心へのアクセスの良さは最強。中央線沿線は鉄板のエリアですね。
そして1位は 神奈川県藤沢市。
藤沢市は2020年の1年間で都心からの転入者が713人も増えているそうです。

この上位のエリアで共通している点としては、
まず、都心へのアクセスの良さ。そして、川や海、公園など自然がある。
といった所でしょうか。

不動産売買の仕事は、人の移動に触れる仕事ですので、
こうした見方をしてみると とても興味深く、自身のやる気につながってくるな・・そう感じました。
さて、明日は私、どこまで行くのでしょう。なんか楽しくなってきました。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る