年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
大橋 暢昌おおはし のぶあき

住宅ローン考えていますか?銀行によって金利優遇や団体信用生命保険の内容が変わります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年8月6日

こんにちは。仲介手数料最大【無料】のREDSエージェント大橋です。

 

皆様、不動産購入を考えた時に多くの場合【物件価格】が気になると思います。

特にローンを組む場合、月々のお支払いに直結します。

極端な例ですが、

〇ローン金額5,000万円 金利1.3%の場合(フラット35)

月々のお支払いは35年ローンで「月々148,241円」となります。

総支払額は「62,261,258円」です。金利で12,261,258円も払うことになります。

〇ローン金額5,000万円 金利0.41%の場合(変動金利)

月々のお支払いは35年ローンで「月々127,813円」となります。

総支払額は「53,681,798円」です。金利で3,681,798円と800万円以上お得になります。

 

5,000万円の物件を200万円お値引きすることは最近の売却物件の減少から難しくなってきております。コロナ前までは物件数が多くお値引きが出来ましたが、今現在は流通物件数が少なく、すぐに売れてしまうのでなかなかお値引きしていただけません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

取扱い物件数が減る=住宅ローンのお取扱件数が減る=銀行さんが住宅ローンの取り合いになる=金利が安くなる

といった状況になっております。しかも住宅ローンのお手続きはネットで完結する場合も多く、銀行さんも経費削減し企業努力の元金利を引き下げているのです。

 

★★★現在のトレンド★★★

値引きは厳しいので、金利の安い銀行を見つけ出す。

のが一般的になりました。

 

この他にも【団体信用生命保険】の戦いも始まっております。

通常疾病契約を結ぶ場合、金利が何%か上がります。各々の銀行さんが「がん特約」「3大疾病」「7大疾病」「全疾病」といった商品を用意しております。金利は0.1%上乗せから0.5%上乗せするぐらいで対応できます。

ですが、金利が上がると支払いも上がるのが現実です。

ある銀行さんは条件付きですが【全疾病無料】のサービスも出てまいりました。

私が不動産売買に携わった20年ほど前は、〇変動金利 店頭金利2.475%より1%優遇が最大優遇〇フラット35は2%台後半で「安い」と飛びついたものでした。

住宅ローンの詳細や団体信用生命保険については、ベテランぞろいの【REDS】エージェントにお任せいただけたらと思います。

是非一度お声がけください。仲介手数料最大無料になりさらにどの方法が一番お得なのかお答えいたします。

 

それでは、また改めさせていただきます!

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る