年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
魚谷 知道うおたに ともみち

相続財産の評価方法①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年8月4日

みなさん

 

こんにちは

仲介手数料が《無料もしくは割引》の不動産流通システム<REDS>の魚谷です。

 

今回は不動産の「相続財産の評価」①についてです。

 

 「土地」と「家屋」に分けて評価し、

土地(宅地)は利用単位ごと、つまり1画地の宅地ごとに、路線価方式、

又は倍率方式で評価します。家屋は、固定資産税評価額で評価します。

 

1)路線価方式

 「路線価方式」とは路線価が定められている地域の評価方式で、路線価とは

 その宅地が面している道路につけられた1㎡あたりの価額になります。

  ※路線価や倍率は、毎年7月頃にその年分が公表され、国税庁のホームページや

 税務署で確認できます。

 

2)倍率方式

  「倍率方式」とは、先の路線価が定められていない地域での

   評価方式で、そこの土地の固定資産税評価額に、その地域や

   用途ごとに定められた倍率を乗じて、評価額を算出します。

  ※固定資産税評価額は、市区町村役場の固定資産台帳の閲覧、

   各自治体が発行する評価証明書や固定資産税課税明細書などで

   確認することができます。

 

 また、「宅地」の上に存する権利として、

 「普通借地権」・「貸宅地」・「貸家建付地」というものがあり

  計算方法としましては、

◇「借地権」の評価額=自用地評価額 × 借地権割合

◇「貸宅地」の評価額=自用地評価額 × (1-借地権割合)

◇「貸家建付地」(土地所有者が建物を建築し、その建物を賃貸用に

  使用する状態の場合の敷地、代表格はアパートになります)

 「貸家建付地」の評価額=自用地評価額 ×

            (1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)

 ※自用地評価額とは、他人が土地を利用する権利がない土地の

  価格をいいます。

 

次回はこの続きの「小規模宅地等の評価減の特例」から

ご説明いたします。

 

最後までごらんいただきまして、ありがとうございます!

 

不動産流通システム<REDS>

魚谷

 

 

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る