年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
南村 匡麗なむら まさかず

不動産の知識③ 用途地域

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年7月30日

皆様、こんにちは

不動産流通システムの南村(ナムラ)です。

今回は不動産の知識として、用途地域について説明します。

 

用途地域とは?

「用途地域」とは「計画的な市街地を形成するために、用途に応じて13地域に分けら

れたエリア」のことです。建てられる建物等の種類や大きさなどが制限されているの

で、結果として地域毎に住み心地や暮らしが異なります。

では、なぜ13地域に分けられているのでしょう。例えば住宅の隣に大きな商業施設

や工場、学校や公園がごちゃごちゃと建っていると、日当たりや騒音、公害などで住

みにくい環境になってしまいます。一方の工場にとっても、例えば大型トラックが通

りにくいとか渋滞が発生しやすいなどで、効率が悪い環境になることが考えられます。

そうなると住んでくれる人も、そこで工場を建てたいと考える企業もどんどん減って

しまいます。

用途地域13地域を大きく分けると3つ

では「用途地域」の13地域にはどんなものがあるのでしょう。用途地域ひとつずつの

詳細は後述しますが、大きく3タイプに分けることができます。

(1)住居系

13地域あるうち8地域が「住居系」です。この8地域のどれかに指定

された区域には基本的に大きな工場や商業施設は建てられません。

住環境が優先されている用途地域です。新たに追加された

「田園住居地域」もここに含まれます。

(1)第一種低層住居専用地域

(2)第二種低層住居専用地域

(3)第一種中高層住居専用地域

(4)第二種中高層住居専用地域

(5)第一種住居地域

(6)第二種住居地域

(7)準住居地域

(8)田園住居地域

(2)商業系

2地域が「商業系」になります。主に大勢の住民が買い物や遊びなどに使える商業

施設などが立ち並ぶ地域になります。

(9)近隣商業地域

(10)商業地域

(3)工業系

3地域が「工業系」になります。主に工場の利便性を高める地域になります。

(11)準工業地域

(12)工業地域

(13)工業専用地域

 

このように用途地域は地域別(住宅が建てられるのは12地域)に街の景観

やにぎやかさ、利便性などが異なります。まずは自分の理想とする暮らし

方を検討し、それに合う用途地域かどうか検討するようにしましょう。

 

弊社(REDS)を利用すると諸費用のうち最も金額が掛かるであろう

仲介手数料が最大無料になります。

ご希望条件がUPしますので、是非当社にお問合せ下さい。

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る