年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
井原 直樹いはら なおき

ご自宅を売るか、貸すか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年7月22日
公開日:2021年7月19日

こんにちは。

仲介手数料が必ず割引、更には無料の

REDS宅建マイスターの井原です。

 

表題の件、

 

ご自宅に住まなくなったとき、まず最初の検討は、

「売るか、貸すか」ですね。

 

売買仲介の仕事をしていると、絶対売った方が良いですよ!

 

と言いたいところですが、ご状況によって変わります。

 

基本的な情報はSUUMOに分かりやすくまとまっておりますので、ご覧ください。

 

マンションを売るか貸すか? 確認したい「お金」「手間」「ライフプラン」

 

売るか貸すか、どちらでも良い状況なら・・・?

住宅ローンは自宅購入の為の融資なので、第三者への賃貸は一括完済が求められる事があります。事前に借入先の金融機関へ必ずご相談ください。

 

まず、貸した場合の「投資家目線」に立って考えてみましょう。

 

①投資効率で考える

 

仮に、

売った場合の売却価格:5000万円
貸した場合の想定賃料:20万円
だとしたら、

想定年間賃料
20万円×12ヵ月=240万円

貸した場合の期待利回り
240万円÷5000万円=4.8%
になります。

住宅ローン金利が0.8%だったとすると、
利益4.8% – 経費0.8% = 表面利回り4%の利益が見込めます。

 

もちろん、実質利回りはもっと低いですが、

4%よりも大幅に低い金利で調達できる資金を用意する為に、自宅を売却するのは損だとわかります。

 

②貸した状態で、売れるか考える。

 

これは、「オーナーチェンジ物件」として売れるかという事になります。

 

オーナーチェンジ物件は、住宅ローンが使えませんので、基本的には不動産投資家が、現金もしくは投資用ローンで購入します。

 

ご自宅の周辺で、

オーナーチェンジ物件の流通性が高いか。

居住中物件と、オーナーチェンジ物件の成約単価に乖離が無いか。

必ず確認しましょう。

 

もし、オーナーチェンジ物件としては高く売れない場合は、貸しに出すこと自体に大きなリスクがあります。

 

REDSではお客様に最適な資産プランをご提案しております。

お住替えをお考えのお客様も、

ご売却をお考えのお客様も、

 

「トコトン安心・お得」な不動産取引なら!

 

お気軽に【REDS】井原までご相談ください!

メールはこちら

LINEはこちら

フリーコール 0800-100-6633

携帯電話 080-7564-4417

ご連絡はお気軽にどうぞ!

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る