「陽性者」の中には無症状の方も大勢いますが、この方々は厳密に言うと「感染者」ではないそうです。ウイルスが体内に侵入し、増殖して初めて「感染」が成立するのだそうです。普通のカゼやインフルエンザも同じだとか。人間には外敵から身を守る「免疫機能」があるので、仮にウイルスを吸入したとしても必ず感染するわけではないのですが、新型コロナの診断に用いられるPCR検査は、粘膜にウイルスが数個でも付着していれば「陽性」になることがあるのだそうです。

これだけ市中感染が広まってくると、「陽性者」の増加は止めようがなさそうですが、現在公表されている「陽性者」の中に、入院を要するような「感染者」がどれだけの「感染者」が含まれているのか、知りたいところです。