不動産を売却する事について考えてみる。

 

不動産を売却する、簡単に考えれば不動産屋にお願いすれば売れるでしょ!

 

えぇ是非REDSの手塚にお願いいたします。

 

これではブログのタイトルの様に準備等について考えてはいないので、色々と考えてみます。

 

売却をお願いする場合 不動産業者と媒介契約を結びます(売却活動をお願いしますという契約)。この媒介契約には3種類あり 大きく分けると2種類になります。(代理は今回は考えていません)

 

3種類のうち 一般媒介・専任媒介・専属専任媒介

 

大きく分けると 一般媒介専任媒介になります。

 

一般媒介について

 

一般媒介は売主様が多数の業者にお願いする事が出来ます。10社でも100社でも都内の業者全部でも極論可能です。

 

その代わり不動産業者はレインズへの掲載・売主様への報告義務はありません。

 

一般媒介で何社にもお願いして早く高く売れるとお考えの売主様がいると思いますが、

 

「これって早く高く売れますかねぇ」

 

売主様の考えがあるので否定はしません。
 

物件が一つに対して多数の業者が窓口になっている為、どこかの業者経由で売れた場合、残りの全部にも連絡が必要になります。

 

そうです、どこかの業者で売れてしまうんです。(ここチェックです)

 

どこかの業者で売れてしまう状況です。いち事業主としてお考えください。

 

仮に10社にお願いしても契約できるのは1社だけです。

 

物件情報はレインズに乗せればどこの業者でも内容は確認できます。

 

そんな物件に広告費をかけますか?

 

自分が頑張ったとしても他の業者で決まってしまう可能性のある物件を一生懸命にやりますか?

 

報告義務も無いのでしっかりとしたアドバイスできますか?

 

と良いところがあまり無いように感じます。

 

専任媒介の場合について

 

売却の窓口は1社です。ぜひREDSの手塚にお任せください。

 

レインズへの掲載義務があります。
専任の場合は2週に1度 専属専任の場合は毎週1度報告が必要です。

 

1社だけにお願いするようになるので、不動産業者側にもしばりが出てきます。

 

しばりがあるだけあって責任感・情報の管理・周辺の状況等、色々な事を考えアドバイスいたします。

 

1社だけなので、他の業者には紹介しない(囲い込み・業法違反です)をする業者もいます。

 

REDSでは囲い込みは一切しませんので、レインズへは素早く登録し他のポータルサイトへの広告の規制もしませんので、ネット上にたくさんの物件情報が出ます。

 

なので市場での評価が良くわかります。

 

まぁ弊社の宣伝を会社がやっているのでこのへんで。

 

売却準備等について考えるが本題なので、媒介に関していえば専任媒介が良いです。

 

売却活動するにあたり、価格って誰が決めるの?

 

価格は売主様に決めていただきます。

 

私どもも根拠のある査定はしますが、この査定が絶対ではありません。 あくまでも目安です。

 

仮に査定が3500万円位となったのに 『いやいや8000万円で売りたいんだ』 
8000万円で売り出すことは可能です。

 

ただし周辺の相場がありますので、売れないとは言いませんが奇特な方を現れるのを待つだけになります。一般的には相場や流れがありますので、市場に状況を判断しながらご提案は致します。

 

売却するにあたり売主が出来る事

 

先ほどの価格の様に売出価格を決めていただき、その後 内覧-申込となりますが、申込金額で折り合いをつけるか、もっと買い上がってもらうか、価格の最後の調整は売主様にしかできない事です。

 

他にできる事は掃除です。

 

間取りにもよりますが、一般的に玄関から入ってLDKをみて居室を見て風呂場や洗面なんて流れでしょうか。

 

はいここでポイント! 
誰もが玄関から入ります。 良い印象もたれるようにしましょう。
LDKや居室には床に荷物おいてませんか? 

 

置いてある事により『えっ収納少ないの』と思われているかもしれません。

 

出来るだけ収納にしまってください。 物をしまうところなのである程度綺麗に物がしまってあれば問題ありません。

 

最後の方で再度水回り、使用感があるのは問題ありません。洗い物が残っているやカビは気になるところです。内覧者が最後まできて、『あのカビがねぇ』 何てことになるともったいないので、カビは気にしてください。

 

ご自分で住んでいる状況としてですが売却活動を始めたら、お住まいでも商品という見方をしてください。

 

ほこりを被ったものよりも綺麗な物の方が喜ばれます。特殊なハウスクリーニングを入れてくださいとは言いません。普通に綺麗にしましょう。

 

ここまで来て売主様の売却の準備かと思います。

 

法律関係や内覧の段取り等はこちらで致します。

 

売却の為の準備は出来ています、購入希望者も買う為の準備をしてきてください。

 

不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも《無料・半額》の【REDS】の手塚でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る