年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
森田 大翔もりた まさと

都心部を中心に建築着工数増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年7月1日

こんにちは!
仲介手数料が割引もしくは無料【REDS】不動産流通システム森田です!

国土交通省は昨日30日、2021年5月分の建築着工統計を公表され、
新設住宅着工戸数は7万178戸(前年同月比9.9%増)と、3ヵ月連続の増加となりました。

利用関係別では、持家が2万2,887戸(前年同月比16.2%増)と、7ヵ月連続の増加となり、貸家は2万5,074戸(同4.3%増)、3ヵ月連続の増加とのこと。
分譲住宅は2万1,426戸(同8.4%増)で、先月の減少から再び増加しました。分譲住宅のうち、マンションは9,444戸(同1.6%増)、一戸建住宅は1万1,797戸(同13.6%増)。

気になる三大都市圏別では、首都圏が総数2万5,801戸(同14.0%増)、内訳は持家5,032戸(同19.9%増)、貸家1万338戸(同10.4%増)、分譲1万313戸(同14.7%増)でした。

コロナ禍の中、現状日本の不動産は非常に活発な動きをしていると改めて感じます。
様々な意見が飛び交い、今後の不動産はどうなるのかと疑問視されてますが、まだまだ日本の不動産は安いなと個人的には感じます。

引き続き、仲介手数料が割引最大無料【REDS】不動産流通システムを宜しくお願い致します。

 

 

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る