年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
井原 直樹いはら なおき

コスパとESG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年6月29日
公開日:2021年6月28日

こんにちは。

仲介手数料が必ず割引、更には無料の

REDS宅建マイスターの井原です。

 

今回はプライベート編です。

 

表題の件、

 

私個人でも、「コスパの良さ」を基本的な判断基準にしています。

 

一昔前は、訳アリ商品や、アウトレット商品が流行しましたが、

 

最近はそれに加えて、ESGの要素も求められているように感じます。

 

ESGとは、E:環境、S:社会、G:ガバナンス

 

正直、私も良く分かっておりませんが、肌感覚として、

 

従来は、安ければOK!儲かればOK!

 

だったのが、

 

それがESGに対して「持続可能性」がある行為なのか、

 

問われる時代になりつつあると思います。

 

私の共感したESG

私は実は無類のお酒好きですが、最近特にはまっているお酒があります。

 

獺祭「等外」

https://www.asahishuzo.ne.jp/product/togai/togai.html

 

日本酒にはグレードがあり、純米酒とか、大吟醸とか、聞いたことがあると思います。

 

最も良いグレードは「大吟醸」ですが、大吟醸を名乗るには、

 

精米歩合が50%以下

 

使用する酒米・麹米も、基準を満たした米である必要があるので、

 

基準に満たない米は、クズ米などと呼ばれ、捨てられていました。

 

これでは持続可能とは言えません。

 

そこで、獺祭の蔵元である旭酒造は、

 

生産農家からクズ米を含めて全量買い取り、

 

なんと精米歩合30%にまでクズ米を磨き上げて、獺祭「等外」を作りました。

 

等外というのは、等級外ということで、

 

このお酒は精米歩合30%でありながらも、大吟醸を名乗れません。

 

出来上がったお酒の出来は素晴らしく、天にも昇るうまさです。

 

なんと価格は720mlで1,430円

 

他のおいしい純米大吟醸の、3分の1程度の価格です。

 

これぞ、「コスパ」と「持続可能なESG」の両立だと、

 

毎晩、一献傾けながら感動しています。

 

REDSも「コスパ」と「持続可能なESG」の両立を目指しています。

 

ただ安いだけの仲介サービスではありません。

法令を順守し、不動産取引を透明化し、ただ儲かれば良いという不動産業界を変えていきます。

 

気になる物件があるお客様も、

 

これから物件を探すお客様も、

 

「トコトン安心・お得」に物件を探すなら!

 

お気軽に【REDS】井原までご相談ください!

メールはこちら

LINEはこちら

フリーコール 0800-100-6633

携帯電話 080-7564-4417

ご連絡はお気軽にどうぞ!

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る